« チュニジアのディーヴァ ソニア・ムバレク | トップページ | チュニジアン・ウード »

2009年6月20日 (土)

その他のマルーフ

マルーフのビッグネームが二人出た所で、他の人の演奏も少し上げておきます。スタイルの違いがよく分かるかと思います。例のカイロ会議の音源には、チュニジアのマルーフもありました。(Club du Disque Arabe AAA094) この演奏など聞いていると、いかにもアンダルシア系ということがよく分かりますが、最近のチュニジアの演奏には少なくなっているようにも思えるのが不思議です。カイロ会議のCDには三味線か琵琶と聞き間違えそうな音色の演奏があって、あれはおそらくマグレブに残る古いスタイルの4弦ウード(4コースの復弦なので実質8弦)ではないかと思います。通常の11か12弦のウードに比べて素朴で明るい音色が特徴的。この楽器も最近余り見かけないように思います。

Dorsaf Hamdani - Tunisian Maluf

ウード伴奏で独唱されるマルーフ。モロッコのラバトでの演奏。Dorsaf Hamdani & Khaled Ben Yahia live in Rabat

El Azifet - Tunisian Maluf

レディース楽団の演奏ですが、これはアンダルシア系とはっきり分る旋律。El Azifat is a female band directed by Amina Srarfi. The band performs Arabic-Andalusian music.

|

« チュニジアのディーヴァ ソニア・ムバレク | トップページ | チュニジアン・ウード »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その他のマルーフ:

« チュニジアのディーヴァ ソニア・ムバレク | トップページ | チュニジアン・ウード »