« ナアマ? | トップページ | ムワッシャハのリズム »

2009年6月13日 (土)

チュニジアの歌姫

昨日の女性歌手は、やはりナアマさんでした。5本目のビデオの解説に簡単なバイオグラフィーが出ていました。1934年2月23日Azmour生まれで、50年代にRachidia (Conservatory of traditional Tunisian music)に入り、チュニジアのラジオでソリストとして活躍、またたくまにチュニジアのみならずマグレブ諸国で名声を得たそうです。彼女の名前のNaamaとは、「神の賜物(godsend)」の意味のアラビア語で、巨匠サラーフ・アル・マハディ(先日出てきたパストラルの「アラブ音楽」の著者)が彼女の歌声を聞いて名付けたとのこと。以来ステージ・ネームになりました。
以下は彼女のレパートリーについて。She was the muse of several major Tunisian composers such as : Mohamed Triki, Salah Al Mahdi and Chedly Anouar... Her repertoire comprises more than 360 songs in all themes and in different genres, ranging from folk to classical Tunisian music and popular songs... She sang poems of major Tunisian poets such as Mohamed Boudhina, Ahmed Khaireddine, Mahmoud Bourguiba, Mostfa Khraief and Mnawar Smadah... She also sang a poem of Nizar Qabbani "taloumoni donia".

Ne3ma - Nari 3la Zarzis

ディスクアラブのチュニジア音楽コンピレーションVol.1に入っていた曲。10年ほど前に私が最初に聞いたのは、別なアラブ歌謡のコンピレーションに入っていた歌でした。レーベル名もすぐに出てきませんが、その歌でぐっと来ました(笑) 残念ながらyoutubeはありませんが。

Ne3ma - Labastek men atfi

風の強い時のライヴのようですが、この巧みな節回し、とても素晴らしいです。解説にLyrics: Ahmed Khaireddine Composer: Chedly Anouarとありました。

|

« ナアマ? | トップページ | ムワッシャハのリズム »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チュニジアの歌姫:

« ナアマ? | トップページ | ムワッシャハのリズム »