« ジェルバ島のシナゴーグ | トップページ | ジェルバ島のユダヤ宗教歌 »

2009年6月27日 (土)

チュニジアのユダイズム

ジェルバ島のシナゴーグの映像を昨日はアップしました。更に詩篇唱やトーラー朗唱などあれば良かったのですが、さすがにそこまではyoutubeもないようです。ジェルバ島は、ヨーロッパからの観光客で賑わうリゾート地として一般には知られていますから、そちらの映像が多いようです。今日はいくつかこの地のシナゴーグ関連映像を上げておきます。
ジェルバにユダヤ人が住み着いたのは昨日書いたように旧約聖書時代の説もあるようですが、実際にこの地のユダヤ人の記録が文書で残っているのは10世紀頃からのようです。
ユダヤの古い聖歌の有名なエピソードに、カイロ・ゲニザ文書があります。12世紀にキリスト教からユダヤ教に改宗したオバディヤという名のノルマン人が中東に旅し、イラクのバグダッド辺りでユダヤ教徒の歌う聖歌を、ネウマ譜(グレゴリオ聖歌の記譜法として知られています)に書き付けた羊皮紙が、ケンブリッジ大学図書館のカイロ・ゲニザ文書の中から発見されたというもので、このネウマ譜を解読した結果、旋律や旋法が、現代のミズラヒームやセファルディームの聖歌と完全に一致していたというもので、極めて古いジェルバの聖歌との類似性もかなり見出せるようです。少なくとも800年の間、ほとんど変化せず口伝で歌い継がれてきているというのは驚異的なことだと思います。
ジェルバの録音はVDE-GalloからCDが最近出ましたが、この盤には聖書朗唱は入ってなかったようです。上記カイロ・ゲニザの聖歌の復元演奏は、オランダのFidelioからのCD「Hebrew Melodies」に収録されていて、このCDは数年前に出たキングの宗教音楽ライブラリーに入っていましたが、残念ながら廃盤になったようです。実はFidelio盤にカイロ・ゲニザの音源が入っていますよ、と水野先生にお知らせしたのは私でした。参考文献は先日も登場した水野信男氏の「ユダヤ音楽の旅」(ミルトス)と「中東・北アフリカの音を聴く」(スタイルノート)で、前者ではディスコグラフィー作成で協力させて頂きました。

Judaisme en Tunisie / Judaism in Tunisia

歌はオフラ・ハザ風のヘブライ・ポップスですが、貴重な映像が色々出てきます。

Djerba Ghriba

La greba

シナゴーグでの祭日の風景等を記録した映像では。宗教歌は古めかしくても、世俗的な音楽はほとんど完全にアラブ音楽。

|

« ジェルバ島のシナゴーグ | トップページ | ジェルバ島のユダヤ宗教歌 »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チュニジアのユダイズム:

« ジェルバ島のシナゴーグ | トップページ | ジェルバ島のユダヤ宗教歌 »