« チュニジアの戦前の女性歌手 | トップページ | チュニジアのユダイズム »

2009年6月26日 (金)

ジェルバ島のシナゴーグ

チュニジアのガーベス湾の南部に、ジェルバ島という淡路島を小ぶりにした位の島がありますが、ここは古い伝統を残すユダヤ教徒がいることで知られています。一説にはソロモン王の時代(BC1000年頃)か、数百年下ってカルタゴの頃とも言われています。いずれにしてもセファルディーがスペインから離散した15世紀より遥か前からこの地に住み着いていたユダヤ人のようです。セファルディー(あるいはスファラディー)とはヘブライ語で「スペイン」の意味ですから、ジェルバのユダヤ人はセファルディーではない、ということになると思います。
明日はもう少し詳述してみたいと思いますが、まずは一本、ジェルバのシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)の映像をどうぞ。この地のユダヤ宗教歌は、最も古い伝統を保っているものの一つと考えられていますが、ここで流れているのは、ユダヤの宗教歌とは直接関係のないアラブ的な音楽ではと思います。マグレブらしくユーユーも聞こえます。ビデオの解説にある02年の事件については、ここで初めて知りました。大変に悲しい事です。

El Ghriba Synagogue, Djerba, Tunisia

Video of El Ghriba Synagogue in Djerba, Tunisia, home to the oldest Torah in the world. The synagogue was bombed by Al Qaeda in 2002, killing nearly two dozen people and wounding more than 30 others.

|

« チュニジアの戦前の女性歌手 | トップページ | チュニジアのユダイズム »

アラブ・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェルバ島のシナゴーグ:

« チュニジアの戦前の女性歌手 | トップページ | チュニジアのユダイズム »