« フラニの歌 | トップページ | ハウサの映画音楽+ダイヤモンドリング? »

2009年7月21日 (火)

アフリカの言語地図

リビアのトゥアレグから、トゥアレグ繋がりで西に戻るつもりが、何かに引っ張られたかのようにニジェールからどんどん南下しています(笑) 
Nilosaharan 昨日ニジェール・コルドファンなどという専門用語を出しましたので、今後の参考のために、この辺でアフリカの言語地図(下記のナイル・サハラ諸語のWikipediaより)を見ておきたいと思います。これまで北アフリカのセム・ハム語族(現在はアフロ・アジア語族の方が通用しているようです)の世界を4月以降巡ってきた訳ですが、セム・ハムの焦茶の南にはニジェール・コンゴ語族(ニジェール・コルドファン語族というのは旧称か?)の世界が広がっています。特に南部アフリカのコイサン語族(ブッシュマン等)を除く薄茶の所は、バントゥー語族の世界。何といってもバントゥーが黒人のイメージの中心的存在だと思います。そして、以上のどれにも入らないナイル・サハラ諸語というグループ(地図の黄色)が内陸にいます。アラブが入ってくる前の北アフリカの先住民としては、ハム系のベルベルやナイル・サハラ語族のチャドのテダ族などがいます。リビアの時に出てきた黒人は、ナイル・サハラの人々だったようです。
またいずれ個別に廻る予定ですが、今日はフラニの南にいるハウサ族の歌を上げておきます。ナイジェリア北部からニジェール南部にいる民族ですが、ハム系(アフロ・アジア諸語)のチャド諸語に属するようです。バックで踊っているのは黒人のようですが、女性歌手を見る限り確かに黒人とは言えないように思います。

Hausa-Fulani music from Nigeria

|

« フラニの歌 | トップページ | ハウサの映画音楽+ダイヤモンドリング? »

サハラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフリカの言語地図:

« フラニの歌 | トップページ | ハウサの映画音楽+ダイヤモンドリング? »