« サハラの古都 トンブクトゥ | トップページ | トンブクツー 面白映像 »

2009年7月26日 (日)

トンブクツー

ここ数日、北アフリカの遊牧民族の足跡を追っています。ブラック・アフリカの音楽も公平にとも思いますが、なかなか下調べ等大変にもなってきますので、ナイル・サハラ語族以外はまた後日ということにしたいと思います。
トンブクトゥのビデオ、世界遺産の町だからでしょう、色々ありましたので、数日かけてみようかと思います。実はこの町はサマルカンドなどと並んで個人的に憧れの場所の一つでした。ウィキペディアに「ティンブクトゥという言葉は、「異国」や「遠い土地」の比喩として使われるようにもなった」とありましたが、正にそんなイメージで見ていました。表記ですが、ティンバクトゥよりも、トンブクツーと書いた方が日本では通りが良いかも知れません。その方が「異国」のイメージが増すかも。とにかく、「トンブクツー」という音を聴くと何故か心躍ります(笑) どこかで読んだものの影響だと思いますが、失念してしまいました。過疎化、砂漠化の進む現在も、トゥアレグを始め色々な民族が行き来する魅力的な町であり続けているようです。

Tombouctou

7 NOUVELLES MERVEILLES DU MONDE : TOMBOUCTOU

|

« サハラの古都 トンブクトゥ | トップページ | トンブクツー 面白映像 »

サハラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンブクツー:

« サハラの古都 トンブクトゥ | トップページ | トンブクツー 面白映像 »