« リビアと上エジプトの打楽器と音楽 | トップページ | リビアン・ジュー »

2009年7月12日 (日)

リビアのイマジゲンとニジェールのトゥアレグ

リビア・シリーズ、次はベルベルとトゥアレグに行ってみたいと思いましたが、演奏のあるビデオがなかなか見つからず。トゥアレグはアルジェリアとマリ、ベルベルはモロッコやモーリタニアのグループのものは相当数ありますが。今日は比較的近いニジェールのトゥアレグ・グループKoudedeを一本アップしておきます。

Koudede - Souvenirnam

トゥアレグの言語はベルベル系のタマジット語とも近いタマシェク語のようです。文字は同じに見えますが。音楽は、マリのティナリウェンをもっとアフロ的にした感じ。ニジェールのトゥアレグは、いずれちゃんと調べてみたいものです。

Amazigh PEOPLE LIBYA

リビアのアマジグの女性が次々登場しているようです。マグレブに入った頃に少し触れたように、アマジグとはベルベル人の自称で、複数形のイマジゲンの方が広く知られていると思います。ベルベル諸語は、アラビア語を中心に、イスラーム化以前のローマ帝国のラテン語、ヴァンダル王国のゲルマン語などの影響も受けているようです。当然複雑に混血もしたのでしょう、人々の顔立ちも様々。

|

« リビアと上エジプトの打楽器と音楽 | トップページ | リビアン・ジュー »

サハラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リビアのイマジゲンとニジェールのトゥアレグ:

« リビアと上エジプトの打楽器と音楽 | トップページ | リビアン・ジュー »