« トンブクツーのマンデ系? | トップページ | ソンガイの踊り »

2009年7月31日 (金)

ソンガイの音楽

マリ帝国の後に西アフリカに登場したソンガイ帝国の末裔はソンガイ人ということになるのでしょう。ソンガイ人は、昨日のマリの人口構成ではわずか6%でした。マリ帝国の叙事詩はマンデ(マンディング)のグリオが語り継いでいますが、ソンガイの叙事詩に当たる録音は仏Ocora盤(Niger - Epopees zarma et songhay  by Jibo Baje)位でしょうか。ソンガイ帝国の歴史を語り伝える現在では数少ないグリオの演奏でした。しかもマリではなくニジェール側のソンガイでした。
グリオの中心的な存在はマンデ族(細かく分けるとマレンケ、バンバラ、ジュラなど)が多い訳ですが、マンデは先日の地図の区分ではニジェール・コンゴ系に入るのでしょう。一方ソンガイは一般にナイル・サハラ語族と言われています。サハラの先住民に当たる民族が所属しているグループです。
という訳で、明日からもう少しソンガイを追ってみます。

Ketama/SongHai with Toumani Diabate on kora

ソンガイのグリオでしょうか? ソンガイでも映像のようなマンデを強く連想させるコラを手にするのかどうか未確認。上記の仏Ocora盤では3弦のモーロという弦楽器でした。

African Empires: Songhai

ソンガイの歴史について。音楽はロックですが。

|

« トンブクツーのマンデ系? | トップページ | ソンガイの踊り »

西アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソンガイの音楽:

« トンブクツーのマンデ系? | トップページ | ソンガイの踊り »