« トゥアレグの女性の歌 | トップページ | タルティト »

2009年8月30日 (日)

トゥアレグ ロクス・ソルス

ニジェールのトゥアレグもいくつか上げましたが、今日のは初めてだと思います。エトラン・フィナタワ以外にもこういうグループは結構出てきているようです。3拍子(8分の6か?)系が特徴的で、焚火を飛び越えるシーンは、以前にTV放映されたリビアのトゥアレグのドキュメンタリーで見た記憶があります。2本目は、マリのトンブクトゥ(トンブクツー、またはティンブクトゥーなど)でのトゥアレグ音楽フェスティヴァルの模様。ニジェールの西隣ですが、全く同じリズムなのが分ります。トンブクトゥという幻想的な(勝手な思い込みかも知れませんが)街については、前にかなり日数を割きましたが、どこかで見た覚えがあるなと少し探してみたら、フランスの作家レーモン・ルーセルの代表作「ロクス・ソルス」に出てきていました。幻想的な、と思ってしまうのは、その無意識下の影響があったようです。

Niger Koudede

FESTIVAL DE MÚSICA TUAREG CON VIAJES AÑOS LUZ

|

« トゥアレグの女性の歌 | トップページ | タルティト »

サハラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トゥアレグ ロクス・ソルス:

« トゥアレグの女性の歌 | トップページ | タルティト »