« アーフィア・ハッサン 八重洲~土浦 | トップページ | ヌビア民謡2 »

2009年9月10日 (木)

ヌビア民謡

少し北スーダンのヌビアの音楽を見ておきたいと思います。ヌビアと言えば、やはり一番有名な音楽家はハムザ・エル・ディンですが、ハムザの演奏は後日に回して、まずアーフィア・ハッサンとの比較のために女性歌手の映像を追ってみました。3本を見て思うのは、イスラム色(スーフィーか?)が強そうという点と、ローカルな印象が強いこと。5音音階はともかく、アラブ歌謡的な洗練された感じがアーフィア・ハッサンの歌にはありましたが、その点今日のヌビアの素朴な歌唱には少し異なる印象を覚えます。いかがでしょうか。

sudanese nubian music

旧約聖書に出てくる「ダヴィデの竪琴」の流れを汲むと思われる竪琴の伴奏で歌われるヌビアの民謡。この系統の弦楽器は、スーダンやエチオピア中心に東アフリカの方々で見られます。アーフィアの歌と比べると、ずっとローカルで素朴な印象です。

Nubian Music from Sudan - 2

少しポップなスタイルのヌビア民謡。

Nubian Music From Sudan

|

« アーフィア・ハッサン 八重洲~土浦 | トップページ | ヌビア民謡2 »

スーダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヌビア民謡:

« アーフィア・ハッサン 八重洲~土浦 | トップページ | ヌビア民謡2 »