« もう一人の女性グリオ | トップページ | オーレア番外編+ティシットの町 »

2009年10月22日 (木)

オーレア再び

モーリタニア・グリオの演奏を色々見てみた結果、やはりオーレア・ミント・アマルティシットという人は頭抜けて素晴らしい歌手だということが見えてきました。例のパリでのライヴのDVD映像ですが、これではと思われるものが見つかりましたので、今日アップしておきます。彼女のシリーズ初日に上げたものとダブっていますが、もっと長く見られて、様々なヴォーカル・テクニックが確認できます。その幾つかは、この国の言葉の響きと密接に結びついているように思います。ベルベル系のタマジット語などとどういう関係になるのか、詩はやはりイスラーム的な内容が中心なのかなど、知りたいところです。それにしても素晴らしいです!

Ouleya Mint Amartichitt

Ooleya Mint Amartichitt

|

« もう一人の女性グリオ | トップページ | オーレア番外編+ティシットの町 »

サハラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーレア再び:

« もう一人の女性グリオ | トップページ | オーレア番外編+ティシットの町 »