« サハラウイのダンス | トップページ | 駱駝も咽び泣く? »

2009年10月 8日 (木)

RasdとChaf

西サハラのyoutubeですが、大多数はインティファーダ関連や独立闘争のビデオで、痛々しい映像も多い中、ごく少数の音楽や舞踊のものも見つかります。昨日出てきたラスドというのは、代表的な舞踊になるのでしょうか。それとChaf(シャフ?)という、アコーディオンのような楽器が活躍する音楽も存在するようです。響きからは、どうしてもカッワーリを連想してしまいますが、歌のテーマはスーフィズムとは関係なさそうに思います。シャフは、ベルベル系のマリエム・ハッサンの曲調とはまるで異なりますが、これはアラブ系の音楽になるのでしょうか。

Chaf Music Western Sahara

rasd music western sahara



歌は大体マリエム・ハッサンのようです。

polisario western sahara occidental rasd music



西サハラ版トムとジェリー。チェチェン版ではレズギンカを踊っていましたが、ここではラスドを歌っているようです(笑)

|

« サハラウイのダンス | トップページ | 駱駝も咽び泣く? »

サハラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RasdとChaf:

« サハラウイのダンス | トップページ | 駱駝も咽び泣く? »