« 廃墟の別テイクとインタビュー | トップページ | Hadhihi LaylatiがないのでAmal Hayatiを »

2009年11月13日 (金)

エンタ・オムリ

今日はウム・カルスームの代表曲としてまず名の上がることの多い「エンタ・オムリ」に行ってみます。1964年カイロ初演ですから、カルスームの活動後期の歌になります。作曲はムハンマド・アブデルワハブ。この二人は仏Club du Disque Arabe(AAA)から1920年代以降の録音が各10枚ずつ出ていた同士です。エジプトのアラブ歌謡を見る上で、最重要な二人ということになります。「エンタ・オムリ」のマカームはクルド、歌詞はフスハーではなくアーンミーヤ(つまりエジプト方言アラビア語)のようですが、古典アラブ詩の押韻形式とリフレイン形式によっているようです。曲名を邦訳するとすれば、「あなたは我が人生」となります。参照しているのは例の水野信男氏のカルスーム研究書と言っても良いアラブ音楽解説書「音楽のアラベスク」。当時の先端楽器だったエレキ・ギターを巧みに用いながらも、古くからのアラベスクの美学を60年代的に推し進めた名曲です。以下に反復節とリフレインの部分のみ、「音楽のアラベスク」から転載しておきます。

あなたの瞳は私に古き良き時代を取り戻させた。

それは過去とその傷をいやす方法を私に教えた。

あなたに出会う前に私が経験したこと。

それはみんな昔のことなのだ。どうしてそれを数えられよう?!

あなたは我が人生。そしてあなたの光で、朝ははじまった。

oum kaltoum enta omri

冒頭のインスト部分がほとんど。終わり間近に歌が出てきます。

Omm Kalthoum-Inta Omri

インタ・オムリと表記されることもあります。

|

« 廃墟の別テイクとインタビュー | トップページ | Hadhihi LaylatiがないのでAmal Hayatiを »

エジプト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンタ・オムリ:

« 廃墟の別テイクとインタビュー | トップページ | Hadhihi LaylatiがないのでAmal Hayatiを »