« ジョン・ゾーン・マサダ | トップページ | マサダとガリラヤ湖からの日の出 »

2009年12月29日 (火)

JZ・バル・コフバ

マサダで年越し予定ですが、今日は姉妹ユニットとも言えるバル・コフバの演奏。ジョン・ゾーンのレーベル、ツァディク(Tzadik)から素晴らしい2枚組が出てました。アンサンブル名のBar Kokhba(バル・コフバ)とは、AD132~135年にローマで叛乱を起こしたユダヤ人指導者の名前。マサダの玉砕から60年経っていましたから、バル・コフバの反乱が最後のローマ帝国への抵抗になったようです。

John Zorn - Gevurah



ジョン・ゾーン・マサダと検索して一番に上がってきている映像。マーク・リボー他、ニュー・ヨークの気鋭のミュージシャンが揃っています。Marc Ribot - guitar, Cyro Baptista - percussion, Mark Feldman - violin, Erik Friedlander - cello, Greg Cohen - bass, Joey Baron - drums

Masada String Trio - Meholalot



こちらは弦楽の3人がトリオで演奏。ジョン・ゾーンが指揮? この曲などは典型的ユダヤ・メロディで、ハシディック・スピリットを感じさせる旋律です。

|

« ジョン・ゾーン・マサダ | トップページ | マサダとガリラヤ湖からの日の出 »

ユダヤ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JZ・バル・コフバ:

« ジョン・ゾーン・マサダ | トップページ | マサダとガリラヤ湖からの日の出 »