« Zupfgeigenhansel | トップページ | イツァーク・パールマンのクレズマー »

2010年1月17日 (日)

名盤Tendresses et Rage

先週から土日どちらかと書きましたが、土曜がブログお休みデーのようになっています。
今日もイディッシュ関係です。フランスの民族音楽レーベルの名門Ocoraから1985年に出たイディッシュ・ソングの名作Chansons Yiddish - Tendresses et Rage(優しさと狂奔、でしょうか?)で探してみました。クラクフ・ゲットーの有名な写真が非常に印象的なこのアルバムは、2年ほど前に再発されました。こちら 演奏はMoshe Leiser(歌とギター)、Ami Flammer(ヴァイオリン)、Gerard Barreaux(アコーディオン)の三人。モシェ・ライサーの切々とした弾き語りが良いのですが、アミ・フラメールのヴァイオリンも強く印象に残っています。この人、ウェーベルンやエネスコ、ヤナーチェクなどのヴァイオリン・ソナタを収録した盤も見かけましたが、特に有名なのはルイ・マル監督の映画「さよなら子供たち」への出演でしょうか。おどけた様子でサン=サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」を弾いていたのを覚えています。このイディッシュ・アルバムでの演奏は、数あるジューイッシュ・フィドラーの中でも出色のものの一つだと思います。彼らの録音の第2弾YankeleがフランスのOpus111から出てましたが、確か現在は入手不可になっていたようです。

Avreml



上記アルバムの一曲目。一昨日も登場したモルデハイ・ゲビルティヒの作曲です。

Drey Tekhterl (Drie Tachterlech)



同アルバム10曲目。これもゲビルティヒ作品でした。

Oyfn veg - chanson yiddish



こちらは3曲目。これもイディッシュ・ソングらしい哀感に溢れる曲。

|

« Zupfgeigenhansel | トップページ | イツァーク・パールマンのクレズマー »

イディッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名盤Tendresses et Rage:

« Zupfgeigenhansel | トップページ | イツァーク・パールマンのクレズマー »