« ボトル・ダンス | トップページ | Denis Cuniot »

2010年2月21日 (日)

舞台映像 トポル、ハンガリー版 他

まだまだ「屋根の上のヴァイオリン弾き」関係色々ありまして、今日は舞台映像を少し。この演劇は勿論日米だけでなく、各国で親しまれてきたようです。それぞれの歌唱やセリフ回し、細やかな演技のニュアンスの違いがなかなかに面白いです。

「屋根の上のヴァイオリン弾き」 あらすじ(Wikipediaより引用)

テヴィエはウクライナ地方の小さな村で牛乳屋を営むユダヤ人一家である。亭主関白を気取ってはいるがその実、妻には頭が上がらない。5人の娘に囲まれ、ユダヤ教の戒律を厳格に守ってつましくも幸せな毎日を送っていた。

テヴィエは娘たちの幸せを願いそれぞれに裕福な結婚相手を見つけようと骨を折っている。ある日、長女のツァイテルに金持ちとの結婚話が舞い込むが、彼女にはすでに仕立屋のモーテルという恋人がいたのだった(仕立屋は7人で一人前ということわざがあり、男性として頼りないイメージがある)。テヴィエは猛反対するが、二人は紆余曲折を経て結婚する。また、次女ホーデルは共産革命を夢見る学生闘士パーチックと恋仲になり、逮捕されたバーチックを追ってシベリアへ発ち、さらに三女はテヴィエが敵視するロシア青年と駆け落ちしてしまう。

劇中で次第にエスカレートしていくユダヤ人迫害は、終盤でユダヤ人の国外追放が始まり、テヴィエたちは着の身着のまま住み慣れた村から追放されるまでになる。

原作ではイスラエルの地へ帰還するが、ミュージカルではニューヨークに向かう所で話が終わる。

Fiddler On The Roof at the Helpman Awards



先日アップしたハシディックとコサックの踊りが入り乱れる酒場のシーンの舞台版。トポルがテヴィエを演じているyoutubeの舞台映像は余りないようなので、貴重だと思います。やっぱりトポルのテヴィエが一番でしょう。

Bernadett&József Gregor Fiddler on the Roof Hegedűs a háztetőn



こちらはハンガリーでの「屋根の上のヴァイオリン弾き」で、ハンガリー語で歌われています。次女ホーデルとテヴィエの別離の部分で、3本目の映像と同じ曲「愛する我が家を離れて」が歌われています。壁にはテヴィエ一家の住むユダヤ人集落「アナテフカ」の名が刻まれています。Fiddler on the Roof  Hegedűs a háztetőn Sung in Hungarian Bernadett & József Gregor Szigligeti Theatre  Szolnok 1999 Directed by: György Schwajda

12-2009 Fiddler On The Roof Brie singing w-Tevye.MOD



政治犯として逮捕された夫パーチクの元へ向かう次女ホーデルの、夫への愛と両親への愛を訴える悲しい別離の場面。Briana playing Hodel in the Fiddler On The Roof - one of her solo songs within the play

|

« ボトル・ダンス | トップページ | Denis Cuniot »

イディッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞台映像 トポル、ハンガリー版 他:

« ボトル・ダンス | トップページ | Denis Cuniot »