« ファイドマンとタンゴ、アラブ音楽、イディッシュ演劇 | トップページ | Adon Olam カントールとチェロで »

2010年2月25日 (木)

Yah Ribon アシュケナージ、アッシリア、ブハラ

今日のタイトルは、シャバト(ユダヤ教の安息日)の食事の時(おそらく金曜夜のみでは)に歌われるアラム語の歌、ヤリボンです。この曲は、ギオラ・ファイドマンの極めてソウルフルな沁みる演奏で聞いたのが最初でした。見学で訪れた広尾のシナゴーグのシャバトで歌ったこともありましたが(93年頃)、思わずほろりとなるような心に染み入る名旋律だと思います。個人的に最も好きなユダヤ・メロディの一つです。広く知られているのはファイドマンの演奏していたアシュケナジームの旋律ですが、カバラー的な背景も持つ祈祷歌の一種ですので、色々なユダヤ・コミュニティーで歌われていて、文句は一緒ですが、それぞれ旋律は異なります。ファイドマンのyoutubeがあれば良かったのですが、見当たらないので、色々な旋律をまとめて上げておきます。
アラム語は、メソポタミア~シリア~パレスティナ辺りで広く通用した古代セム系言語で、ユダヤ世界ではヘブライ文字でも綴られ、イエスが話していた言葉と考えられています。聖書に次ぐユダヤ教の聖典タルムードの一部や、カバラー(ユダヤ神秘主義)の代表的な書物ゾハルが書かれた言葉でもあります。
ヤリボンの歌詞は以下の通り。(キリスト聖書塾「イスラエルの歌」非売品 より)

全世界の永遠の創造主なる主よ
あなたこそ王の王たるくすしき方です。
あなたの力ある業と、
驚くべき御業を告げるのは私の喜びです。

Assyrian Aramaic Jewish Song "Yah Ribbon Alam" God is the lord of the World

アッシリアのアラム語のユダヤの歌、とストレートなタイトルが付いています。英文解説が素晴らしいので歌詞(一番)のアルファベット表記と一緒に転載しておきます。
YA RIBON ALAM V'ALMAYA ANT HU MALKA MELECH MALCHAYA OVAD GEVURTECH VE'TIMHAYA SH'FAR KADAMACH L'HACHVAY
The poem "Ya ribbon alam" (God lord of the world) Written by Rabbi Israel ben moshe Najara, one of the most important Jewish poets since the 16th century .
Rabi Najara (1550-1628)Lived In Safed (North Israel) in 1550, he also lived in Damascus and eventually moved to Gaza (South Israel), where he used as the Gaza jewish community rabi. He is buried in the ancient Jewish cemetery in Gaza. His son, Moses Najara was also a poet, who succeeded his father as the chief rabbi of Gaza.

Although the poet is Aramaic, this song gained widespread popularity Throughout the jewish world.
After relating the wonders of god creation, the poet concludes with a prayer that God may redeem his people and lead them to his chosen sanctuary in Jerusalem, where the souls will rejoice with songs and meditations.

Kabbalah Music - Yah Ribon 'Olam

これはウズベクの古都ブハラのユダヤ・コミュニティーの旋律のようです。
Yah Ribon 'Olam -- The Lord, Master of the Universe
Words: Rabbi Israel Najara (16th Century)
Music: Bokharian melody, traditionally sung during the Sabbath meal.

Yah Ribbon Olam

詳細は不明ですが、アシュケナジームの別旋律では? 若いハザン(カントール)による朗唱でしょう。

Lev Kogan - Nigunim (Yah Ribon Olam)

これがファイドマンも演奏していたアシュケナジームの有名なヤリボンの旋律。上手なホルンではありませんが、youtubeはこれだけでした。

|

« ファイドマンとタンゴ、アラブ音楽、イディッシュ演劇 | トップページ | Adon Olam カントールとチェロで »

ユダヤ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Yah Ribon アシュケナージ、アッシリア、ブハラ:

« ファイドマンとタンゴ、アラブ音楽、イディッシュ演劇 | トップページ | Adon Olam カントールとチェロで »