« ナオミ・シェメルの自作自演 | トップページ | シュリ・ナタンのテヒリーム・フォーク »

2010年3月15日 (月)

オフラ・ハザとサリット・ハダッドによるナオミさんナンバー

昨日のナオミ・シェメルさんの自作自演は、やはりとても素晴らしかったです。(特にヘヴレイ・マシアッハ) 彼女の温かい人柄が偲ばれるような歌唱でした。ナオミさんの歌は現在も愛唱されていて、youtubeでも色々な歌手の夥しい数の映像が見つかります。それらの中から、イエメン系ユダヤの故オフラ・ハザ、前にウム・カルスームの「エンタ・オムリ」で取り上げたカフカス系ユダヤ(Juhuro)の若手美人歌手サリット・ハダッドの映像を。

Ofra Haza - Yerushalaim Shel Zahav



当ブログのごく初期に取り上げたかも知れませんが、オフラ・ハザによるナオミさんの代表作「黄金のエルサレム」。短調と長調がしなやかに交叉する曲調が、そこには儚さと強さが共存しているところが、彼女の歌の魅力の一つでしょうか。

Sarit Hadad - Lu Yehi



初めて聞きますが、これも良い曲。The song was written in 1973 by Naomi Shemer in honor of the IDF soldiers Killed In Action during the Yom Kippur War that year.

Naomi Shemer



ナオミさんの故郷、ガリラヤ湖畔に彼女の墓はあります。この映像は彼女の墓前での歌唱。One of her songs on her grave

|

« ナオミ・シェメルの自作自演 | トップページ | シュリ・ナタンのテヒリーム・フォーク »

イスラエル」カテゴリの記事

コメント

たびたび投稿してすみません。

この「Lu Yehi」(ナオミ・シェメル作詞・作曲)は1973年のヨムキプール戦争中に、ナオミシェメルさんが、歌手ハヴァ・アルベルシュタインから依頼されて、ビートルズの「Let it be 」にヘブライ語の歌詞をつけた事がきっかけとなりました。


予備役からもどってきたナオミの主人モルデハイ・ホロヴィッツさんにこの歌詞を見せたところ、そのあまりの素晴らしさから歌詞に合うメロディーを作るよう助言を受けました。


1973年イスラエルはヨムキプール戦争という大変困難な戦争とその時代を迎えました。そのころイスラエルの人達の胸の中に宿っている平和への願いを「神様どうぞかなえてください」という思いがこめられています。

そして最近Sarit Hadad がミズラヒ(日本で言う演歌)でカバーしました。

yoshua1960

投稿: yoshua1960 | 2010年3月16日 (火) 21時29分

yoshua1960様
バタバタしててお返事が遅れて済みません。
詳しい情報有難うございます。そうですか、霧が晴れるように分りました。
ポップスの方は特に疎いもので、補足して頂けると嬉しい限りです。
ハヴァ・アルベルシュタインとは、クレズマティクスと共演していたイディッシュ詩人兼歌手のことでしょうか。
Sarit Hadadの歌は、日本で言えば演歌になるのでしょうか。

投稿: Homayun | 2010年3月18日 (木) 00時23分

Homayun様

ハヴァ・アルベルシュタインの件ですが、この話しはナオミ・シェメルの友人の女優のリフカ・ミハエリさんに取材したときの内容ですので、私はこの方はどういう方なのか知りません。大変申し訳ありません。


ミズラヒの件ですが、サリート・ハダッドの登場で、イスラエルに新しい音楽分野の「ミズラヒ」が誕生しました。ポップス系のメロディーもありますが、基本は演歌だと思われます。

この「ミズラヒ」は見事にイスラエルに根付いていきました。

yoshua1960

投稿: yoshua1960 | 2010年3月18日 (木) 20時40分

yoshua1960様
ミズラヒというのは、ミズラヒーム(東方系)から派生した言葉でしょうか。彼女がカフカス系出身ということと無縁ではなさそうですね。
イスラエルでの演歌というのは、どういう定義になるのでしょうか。コブシを効かせてエモーショナルに歌う、という感じでしょうか。
ハヴァ・アルベルシュタインは、現代には稀なイディッシュ語のシンガーソングライターということになるようです。クレズマティクスとの共演盤は素晴らしかったです。

投稿: Homayun | 2010年3月20日 (土) 01時36分

Homayun様

>ハヴァ・アルベルシュタインは、現代には稀なイディッシュ語のシンガーソングライターということになるようです。クレズマティクスとの共演盤は素晴らしかったです。


ハヴァ・アルベルシュタインのことを教えてくださり、ありがとうございます。

「現代ミズラヒ」の音楽は、私もわからないことがありますので、調べてみます。

今後もよろしくお願いいたします。

yoshua1960

投稿: yoshua1960 | 2010年3月20日 (土) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オフラ・ハザとサリット・ハダッドによるナオミさんナンバー:

« ナオミ・シェメルの自作自演 | トップページ | シュリ・ナタンのテヒリーム・フォーク »