« オフラ・ハザとサリット・ハダッドによるナオミさんナンバー | トップページ | イラニート »

2010年3月16日 (火)

シュリ・ナタンのテヒリーム・フォーク

「黄金のエルサレム」を初めて歌った女性歌手シュリ・ナタンさんの映像は他にも色々ありますが、その中で旧約聖書の詩篇(テヒリーム)のテキストに付けられた曲を歌っているものが2つありました。いずれも宗教的なフォーク・ソングとしてよく知られている名曲だと思います。2つともダヴィデの詩篇とされていますが、その2編に付けられた曲は何処か共通した雰囲気を持っているように思います。ミー・ハイーシュの他のビデオの解説にMESSIANIC SONGとありましたが、正にそういうイメージの2曲です。

Shuly Nathan + Shay Tochner - Mizmor Ledavid



詩篇23編のダヴィデの賛歌(ミズモール・レダヴィッド)による一曲。91年頃にヘブライ語の授業でこの詩篇を丸暗記したのを思い出しました。実に素晴らしいメロディです。

Shuly Nathan + Shay Tochner - Mi Haish



こちらは詩篇34編12-14節による「ミー・ハイーシュ(その人は誰か?)」。バルーフ・ハイトの作曲。17世紀の哲学者スピノザ(この人もユダヤ系)を思い出させる名前です。右の女性は日本の方でしょうか? Recorded from channel 1 Israeli TV in the 90's

|

« オフラ・ハザとサリット・ハダッドによるナオミさんナンバー | トップページ | イラニート »

イスラエル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュリ・ナタンのテヒリーム・フォーク:

« オフラ・ハザとサリット・ハダッドによるナオミさんナンバー | トップページ | イラニート »