« ハユー・レイロット、ライラ・ライラ | トップページ | ドイツ時代のエステル・オファリーム »

2010年3月 4日 (木)

ラケフェット、ヴェウライ 他

今日もエステル・オファリームの歌唱から、他の気になる映像をまとめて。若い頃のラケフェットやアヴィ・アヴィ、1991年のヴェウライなど。

Esther Ofarim  Rakefet



ラケフェット(シクラメン)の美しさを歌ったRakefetも人気の高いヘブライ・ソングの一つ。

Esther Ofarim - Ve'ulay(もしかしたら)



ロシアからイスラエルに移住し、23,4歳の若さで肺結核のため亡くなった女性詩人ラヘルの書いた名歌。「もしかしたら、あのことは、なかったのかも…。朝起きて夜明けの庭で汗を流して働いたことは、~」
I never rose at dawn to plant the fields with my own hands And perhaps these things never happened

Never did I purify myself in your azure waters

Perhaps it was a dream, my Kinneret.

By Rachel

Music by: Yehuda Sharet

Bass: Eli Magen

Piano: Alona Turel

歌詞の英訳と以下のラヘルのバイオグラフィーは、昨日のエステル・オファリームのサイトより。

Rahel the Poetess - Rachel (Bluwstein) (1890-1931)

Rahel's poetry expounded on the beauty of the land of Israel - but it was a tragedy in space that gave one of her poems renewed attention. The Hebrew poet known only as Rahel (1889-1931, born Rahel Bluwstein)
expressed her love for the land of Israel through her beautiful and evocative poetry. Today, her grave beside her beloved Lake Kinneret is visited by tourists, pilgrims, and Rahel's many Israeli admirers.



When Ilan Ramon, Israel's first astronaut, perished aboard the space shuttle Columbia, one of Rahel's poems received renewed attention and popularity in Israel; Ramon had chosen to listen in space to a song whose lyrics were the Rahel poem "Sad Song" ("Zemer Nugeh" in Hebrew), which is also commonly known by its opening line, "Can you hear my voice?" ("Ha-tishma koli?").

taken from myjewishlearning.com

Esther Ofarim - Avi Avi



Avi Avi - Esther Ofarim sang this beautiful song in 1961

Esther Ofarim - Ya viene Marzo con flores



この歌はかなりフラメンコ的。スペイン語風な音だとラディノ語か?と思ってしまいますが、これはスペイン語だと思います。Ya viene marzo con flores (March comes with flowers) From a Dieter Finnern show, Berlin 1969

|

« ハユー・レイロット、ライラ・ライラ | トップページ | ドイツ時代のエステル・オファリーム »

イスラエル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラケフェット、ヴェウライ 他:

« ハユー・レイロット、ライラ・ライラ | トップページ | ドイツ時代のエステル・オファリーム »