« シュネイ・ショシャニーム | トップページ | オフラ・ハザの大先輩 »

2010年3月 8日 (月)

ネタニア・ダヴラツ

イスラエルの名女性歌手列伝と言うことでしばらく続けようかと思います。エステル・オファリームのシリーズは一まず終わりにして(まだまだ良いビデオが一杯ありますが)、ネタニア・ダヴラツ(1931-87)の歌唱を取り上げてみます。この人は年代的にはもう少し上になります。Vanguardからの音源がCDで出ていましたが、LPの頃には国内盤も出ていました。ウクライナ系ユダヤ人歌手ですが、勿論クラシック音楽でも有名な人で、カントルーブの「オーヴェルニュの歌」とラフマニノフのヴォカリーズ辺りも得意にしていたようです。この組み合わせは、大分前に取り上げたアンナ・モッフォを思い出させます。ダヴラツの歌声は、澄んだ明るい声の中に、そこはかとない悲しみを漂わせる印象的なものでした。

Raisins and Almonds (Rozhinkes mit Mandlen)

イディッシュ民謡の名曲「干し葡萄とアーモンド」。彼女のユダヤの歌はこれだけで、しかも埋め込み禁止でした。A famous setting by Abraham Goldfaden (1840-1908) of an old Yiddish lullaby which has become perhaps his best-known and best-loved work. The song was rewritten (No Raisins, No Almonds) as a rallying cry in some of the Third Reich ghettos during the Nazi antisemitic atrocities. This lovely performance is by the Ukrainian soprano Netania Davrath and is taken from her album of Russian, Yiddish and Israeli folk songs.

Canteloube - "Bailero" - Sung by Netania Davrath



カントルーブの「オーヴェルニュの歌」から、最も有名な一曲と思われるバイレロ。

From "Chants d'Auvergne" ("Songs from the Auvergne"), a collection of folk songs from the Auvergne region of France arranged for soprano voice and orchestra by Joseph Canteloube between 1923-1930. The songs are in the local language, Occitan.

The Auvergne region of France is a high plateau with extinct volcanoes and green, rolling hills stretching as far as the eye can see. Under summer skies, it is a land of skylarks, butterflies and lush carpets of wildflowers. This all comes across in the lilting strains of the folk song "Baïlèro," a shepherd's call in the Auvergne dialect arranged by the French composer Marie Joseph Canteloube.

Villa-Lobos: Bachiana Brasileira n°5 - Aria (Cantilena) by Netania Davrath 1/2



ヴィラ=ロボスの有名なブラジル風バッハ第5番のアリアもありました。この曲もモッフォとかぶってくるレパートリーです。

|

« シュネイ・ショシャニーム | トップページ | オフラ・ハザの大先輩 »

フランス」カテゴリの記事

イスラエル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネタニア・ダヴラツ:

« シュネイ・ショシャニーム | トップページ | オフラ・ハザの大先輩 »