« コルシカ・トレッキング | トップページ | TAVAGNAとDonninsulana Polyphonic Voice »

2010年4月16日 (金)

Paghjellaの絶唱

コルシカのコーラス・グループでは、イ・ムヴリニとかバルバラ・フォルトゥナなどが海外でも名が通っていると思います。それぞれ現地盤含め色々CDも出ていました。音源情報
今日はまた別なグループですが、Paghjellaという男性のトリオ。彼らについては今回初めて知りましたが、実に素晴らしい歌唱を聞かせます。コルシカ男性合唱のパートは、テノーレ、セグンダ、バッサ、テルツァの4部が基本ですが、一つ欠けて3人で歌っているところはユニークなのでは。教会らしき場所で歌われている通り、おそらく宗教歌の伝承でしょう。教会歌はコルシカ・ポリフォニーの中心的レパートリーです。
多分若手に入るのではと思いますが、彼らの歌唱はこれぞ正調!と言えそうな、上記2グループよりも荒々しく古風に思える歌唱を聞かせてくれます。自分の声をよく聞こえるようにするためでしょうか、鶴田浩二のように手を耳にかざしているのが面白いです。

Paghjella. "Tanti passi..."

Paghjella. Vuleria chi la mio voce.

Paghjella. Tanti suspiri.

paghjella

|

« コルシカ・トレッキング | トップページ | TAVAGNAとDonninsulana Polyphonic Voice »

地中海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Paghjellaの絶唱:

« コルシカ・トレッキング | トップページ | TAVAGNAとDonninsulana Polyphonic Voice »