« リチャード・タッカーのカントール | トップページ | 花祭り »

2010年4月 9日 (金)

歴代カントールの名唱

カントールで調べていると、リチャード・タッカーも他に色々ありました。更にジャン・ピアースのカントール歌唱も幾つかありましたので、一緒に上げておきます。そして、この二人の大先輩であるヨセフ・ローゼンブラットの貴重映像までありましたので、これを三本目に。こんな映像まで見れてしまうとは、youtube恐るべしです。

Richard Tucker sing Kiddush



リチャード・タッカーの歌うキドゥーシュ(葡萄酒を手に歌われる祈祷歌)。キドゥーシュはペサハだけでなく、毎週のシャバトでも歌われます。

Jan Peerce:Shma Yisroel



ユダヤ教の最も重要な祈祷歌の一つ、シェマア・イスラエル(聞け、イスラエルよ)をジャン・ピアースの歌唱で。出典は旧約聖書の申命記6章4~6節。申命記は、トーラー(モーセ五書)の内の最後の書です。70年代のTV映画「ホロコースト」のラスト・シーンや、シェーンベルクの「ワルシャワの生き残り」の最後に出てくることでも、その重要性が分ります。

Cantor Yossale Rosenblatt



彼らの大先輩ローゼンブラット(1882-1933)のカントール映像。1933年に亡くなっている人なので、相当古い映像でしょう。仏Buda盤などのカントールのヒストリカル録音では常連のように出てきます。カントールの音源情報はこちら

|

« リチャード・タッカーのカントール | トップページ | 花祭り »

ユダヤ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴代カントールの名唱:

« リチャード・タッカーのカントール | トップページ | 花祭り »