« MANOS HADJIDAKIS - SWEET MOVIE | トップページ | キプロスのシルトス »

2010年5月24日 (月)

クレタのリラとラウート

Syrtos Hatzidakisで検索していて、クレタの音楽が出てきました。ハジダキスは作曲家のマノス・ハジダキスではなく、おそらく一本目のリラ奏者かラウート弾き語り歌手の名前(Giorgis Hatzidakis)ではと思われます。最古のギリシア文明の興った島、クレタを筆頭に、島嶼部の音楽は余りトルコ化がされてないように思いますが、いかがでしょうか。そんなギリシア音楽の古層の中に、本土で盛んに踊られている「シルトス」のルーツがあるのでは?、という興味深い検索結果でした。今日まで余り意識してなかったもので、新鮮な驚きを覚えました。確かにギリシア本土のシルトスに似ているように思います。本土の音楽のようなノスタルジックな哀愁味の入り込む余地のない、どこまでも明るく骨太な、地中海的なイメージの音楽です。

Gerasimos Stamatogiannakis

Spiros Sifogiorgakis - Markogiannis - O Faros

|

« MANOS HADJIDAKIS - SWEET MOVIE | トップページ | キプロスのシルトス »

ギリシア」カテゴリの記事

コメント

クレタの音楽というのを始めて聞きました。
とても興味深いです。
キプロス島の民族舞踊(ΣΥΡΤΟΣ)の楽団と似ていると思いました。

ところで、Giorgos Hatzidakis さん、twitterにいますね。
現在地が「Heraklion Crete, Greece」になっています。同一人物?

でも
http://greekethos.org/2008/articles/01%20Crete/Cretan%20family%20names.pdf
によると
Hatzidakisのように-akisと付く名前がCreteに多いそうなので別人?

投稿: 白いりんご | 2010年5月25日 (火) 01時08分

白いりんご様
いつも有難うございます。
そのキプロスの楽団もΣΥΡΤΟΣ(スルトス)という名前ですから、シルトスと似てますね。ヨルゴは英語で言えばGeorgeですし、ハジダキスというのもよくいる名前かも知れません。しかし、-akisがクレタに多いというのは初めて知りました。作曲家のクセナキスとかもそうでしょうか。
クレタの音楽は、大分前にもPsarantonisなどの演奏をアップしました。確か同じギリシア枠だったと思います。
※前回のコメントで名前を入れ忘れました。m(_ _)m

投稿: Homayun | 2010年5月25日 (火) 22時57分

あくまでこのサイト↓の情報(上と同じです)によれば、ですが

Cretan Family Names
http://greekethos.org/2008/articles/01%20Crete/Cretan%20family%20names.pdf

Antonopoulos(-poulos)でAntonisの息子の意味でペロポネソス半島起源をあらわす

同様に

Antoniades(-ades)でマケドニア起源
Antonakos(-akos)でマニ起源
KefaloniaのAntonatos(-atos)でケファロニア起源
Antonides(-ides)でポントス起源
Antonakis(-akis)でクレタ起源

だそうです。

投稿: 白いりんご | 2010年5月26日 (水) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレタのリラとラウート:

« MANOS HADJIDAKIS - SWEET MOVIE | トップページ | キプロスのシルトス »