« 古代ギリシアの音楽 | トップページ | Christodoulos Halaris 版 Ancient Greek Music »

2010年7月12日 (月)

グレゴリオ・パニアグア&アトリウム・ムジケー

昨日アップした後に例のグレゴリオ・パニアグア&アトリウム・ムジケーのハルモニア・ムンディ盤の一曲目のトラックを見つけました。ないかと思ったらありました。スペインが美しいパス・サッカーと素晴らしいゴールで優勝しましたので、今日はスペインが誇る古楽グループの創立者の演奏を中心に。

ANCIENT GREEK MUSIC

Music of Ancient Greece - First Delphic Hymn to Apollo

これが例のグレゴリオ・パニアグアの「古代ギリシアの音楽」のジャケット。このアポロ神へのデルフォイの最初の賛歌は本物の古代ギリシアの歌の一つで、昨日のサイトによると、アポロンの聖地デルポイにあるアテナイ人の宝庫跡で発見した大理石に刻まれていたそうです。記譜はネウマ譜などのもっと原初的な感じのものなのでしょうか? 前138年ころの作とのこと。

ANCIENT GREEK TEMPLES-2nd Delphic Hymn to Apollo and others

これは別な団体の演奏。ブブゼラのような音が出てきますが(笑)、ユダヤのショファルに似た笛かも。6月25日に書いたようにユダヤのショファルが吹き始められたのは、これより1000年近く前になるようです。

Ancient Greek Music, Macedonia is Greek

こちらは昨日書いたように、オスマン帝国時代の影響の濃い音楽で、「古代ギリシア」と言いながら、バルカン色がはっきり出ていると思います。

|

« 古代ギリシアの音楽 | トップページ | Christodoulos Halaris 版 Ancient Greek Music »

ギリシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グレゴリオ・パニアグア&アトリウム・ムジケー:

« 古代ギリシアの音楽 | トップページ | Christodoulos Halaris 版 Ancient Greek Music »