« Callas Assoluta | トップページ | 古代ギリシアの音楽 »

2010年7月 8日 (木)

イゾルデの愛の死 (イタ語、独語)

5日にちょっと書きましたが、例のワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」のラストを飾るアリア「イゾルデの愛の死」のイタリア語版が見つかりましたので、元のドイツ語版と併せて上げてみました。マリア・カラスの歌唱を支える指揮者はCDも出ているヴィットリオ・グイかと思いましたが、1957年のアテネ・ライヴで指揮はアントニオ・ヴォットーのようです。このワーグナーの濃密な音楽世界をイタリア語でドラマティックに表現できるのは、カラス以外にいないように思います。しかし、やはり地中海的に聞こえてはきますが。
この曲、クラシックに余り馴染みのない方でも、シュルレアリスム方面に関心のある方は、ルイス・ブニュエル監督の映画「アンダルシアの犬」に使われていたことはご存知かも知れません。今なおこの「トリスタンとイゾルデ」が、西洋クラシックの一つの最高峰であることは周知の通りでしょう。2本目のドイツ語の方を歌っているのは、ワーグナー歌手として名高いビルギット・ニルソン。それぞれに歌詞を付けておきました。

Maria Callas: Dolce e Calmo *LIVE* (Liebestod)



Dolce e calmo, sorridente,

Ei dischiude gli occhi belli.

Nol vedete?

Come chiara Fiamma ei brilla:

Viva stella in alto ciel!

Nol vedete?

Come fiero balza il core?

Sgorga in lui qual magico fonte!

Sul suo labro calmo appar

La dolcezza del sorriso.

Dite! Ah! Non lo vede alcun?

Odo io sola questo canto?

Voce arcana, voce pia.

Calma, pura come il pianto,

Dolce incanto, inno santo,

Che penètra l'esser mio,

Risuonando a me d'intorno?

Cresce appressa, già m'invade.

Sei tu l'onda de le brezze?

Sei tu nube fatta d'incensi?

Che m'inonda, che mi avvolge.

Ch'io ti aspiri! Che in te spiri!

In te immersa e sommersa

Sento l'esser mio svanire!

Ne l'immenso ondeggiar,

Nel crescente clangor (fragor?).

Nel fulgor d'una luce immortal

Attratta, rapita, me smarrir!

Sommo ben!

Birgit Nilsson - Liebestod



Mild und leise, wie er lächelt

Wie das Auge hold er öffnet,

seht ihr, Freunde?

Seht ihr's nicht?

Immerlichter, wie er leuchtet

Sternumstrahlet hoch sich hebt?

Seht ihr's nicht?

Wie das Herz ihm mutig schwillt

Voll und hehr im Busen ihm quillt?

Wie den Lippen, wonnig mild,

Süsser Atem sanft entweht

Freunde! Seht!

Fühlt und seht ihr's nicht?

Höre ich nur diese Weise?

Die so wundervoll und leise,

Wonne klagend, Alles sagend,

Mild versöhnend

Aus ihm tönend, in mich dringet,

Auf sich schwinget

Hold erhallend um mich klinget

Heller schallend, mich umwallend,

Sind es Wellen sanfter Lüfte?

Sind es Wolken wonniger Düfte?

Wie sie schwellen, mich umrauschen,

Soll ich atmen, soll ich lauschen?

Soll ich schlüfgen, untertauchen?

Süß in Düften mich verhauchen?

In dem wogenden Schwall

In dem tönenden Schall

In des Weltatems, wehenden All

Ertrinken, versinken, unbewusst

Höchste Lust!

|

« Callas Assoluta | トップページ | 古代ギリシアの音楽 »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イゾルデの愛の死 (イタ語、独語):

« Callas Assoluta | トップページ | 古代ギリシアの音楽 »