« 91年のブルガリア・ドキュメンタリー | トップページ | Yanka Rupkinaの独唱 »

2010年8月11日 (水)

トリオと3本目 ロシアの地声合唱も

ブルガリアの合唱がどういう音の組み合わせになってるのか、昨日のシリーズの3本目にその肝の部分が少し出てきました。併せて3重唱を二本上げておきますが、これなど見ると、どういう割り振りになってるのか少し見えてくるように思います。一緒に地声のロシアの合唱を二本上げておきました。このように、いわゆる「ロシア民謡」のイメージとは大いに異なる地声の合唱が存在し、発声などにおいてブルガリアのコーラスに似ている所が多いのは、一目瞭然だと思います。
上記の3本目は昨日何故かすぐに分かる所にリンクがなかったのですが、taroさんから教えていただきました。いつも有難うございます。m(_ _)m

Music of Bulgaria 3/4

昨日アップした91年のドキュメンタリーの3本目。こちらも埋め込み禁止でした。女性コーラスの現場だけでなく、ガイダ(ブルガリアのバグパイプ)のデモ演奏など、大変に興味深い映像です。ガイダのドローンの低音は、間近で聞くと腹に響くような強烈な音だそうです。

The MAGIC Of Bulgarian Voices & Music Tragnala e malka Moma LIVE Trio Bulgarka (Gold collection)

Acappella Folk Song by "Bulgarka"



昔トリオ・ブルガルカのCDも現地のBalkantonかGega辺りから出ていたように思います。しかし凄い声です。

Как во садике во зеленыим



ロシアの合唱のサンプルとして

Sirin, "Когда молод был"



こちらはタルコフスキーの映画「ノスタルジア」でモノローグのように歌われていた民謡に似た曲です。スラヴの歌には似たところが多分にあると思いますが、いかがでしょうか。

|

« 91年のブルガリア・ドキュメンタリー | トップページ | Yanka Rupkinaの独唱 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリオと3本目 ロシアの地声合唱も:

« 91年のブルガリア・ドキュメンタリー | トップページ | Yanka Rupkinaの独唱 »