« Yanka Rupkinaの独唱 | トップページ | バルトークのミクロコスモスから »

2010年8月13日 (金)

Янка Рупкина讃

今日は地方別女性歌手特集にしようかと思っていましたが、昨日のヤンカ・ルプキナ(Янка Рупкина)さんの歌唱、他にもかなりありまして、どれも非常に素晴らしいのでまとめて上げておきます。美しい銀髪の彼女も今ではすっかりお婆ちゃんのようですが、その素晴らしい歌声は勿論、優しく気品溢れる容姿からも、ブルガリアのディーヴァと言って過言ではないでしょう。
地方別民謡はまた後日ということで。他にも楽器編、バルトークのミクロコスモスのフィナーレ絡み、セファルディー民謡、ヴォルガ・ブルガール関係なども予定しています。
数日前に書きましたように、14,15,16の5日間はブログをお休みします。m(_ _)m
ブルガリアン・ヴォイスの真髄とも言えるヤンカさんの歌声を、ごゆっくりご堪能ください。

Yanka Rupkina Ivo Papazov Altun Mara 1989



ブルガリアのクラリネット名手、イヴォ・パパソフとの共演。

Yanka Rupkina Djore Dos



Yanka Rupkina teaches this traditional Bulgarian folk song to Hank Wangford back in 1989.

YANKA RUPKINA-Slanceto trepti zahoda

Янка Рупкина - Калиманку денку

Yanka Rupkina and Theodosii Spassov Lalitsa



こういうカヴァルだけの伴奏の無拍の歌は、日本の追分などと比較してしまいます。追分では伴奏は尺八です。

Янка Рупкина - Станиното лице / Yanka Rupkina - Staninoto lice

Yanka Rupkina- Mari Stanko

Yanka Rupkina and Tal Kravitz / Янка Рупкина и Тал Кравиц



後半タル・クラヴィッツのダンベク?伴奏で歌っているのはセファルディーの民謡でしょう。ブルガリアにはセファルディー民謡が色々残っていましたから。

Янка Рупкина - народна певица

|

« Yanka Rupkinaの独唱 | トップページ | バルトークのミクロコスモスから »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Янка Рупкина讃:

« Yanka Rupkinaの独唱 | トップページ | バルトークのミクロコスモスから »