« トリオと3本目 ロシアの地声合唱も | トップページ | Янка Рупкина讃 »

2010年8月12日 (木)

Yanka Rupkinaの独唱

昨日のトリオ・ブルガルカの一人Yanka Rupkinaの独唱で、Oh, Maraという曲です。昨日の映像の左の人でしょうか。追分のようにこぶしを回す歌い方は日本人の耳にも郷愁を呼び起こすように思いますが、いかがでしょうか。この映像の絶景(しかしこれはブルガリアではなく南米のギアナ高地では?)ともども大変に素晴らしい一本です。
解説に、Trio Bulgarka comprises Yanka Rupkina from Strandja, Stoyanka Boneva from Pirin and Eva Georgieva from Dobroudja.とありました。ストランザ(黒海の沿海部)、ピリン(南西部)、ドブロジャ(北東部)の3地方のメンバーから成っていて、そのブレンドがユニークさを生んでいるとのこと。ピリンはブルガリアン・ヴォイス発祥の地と言われている地方で、今日はピリンで検索してみました。
解説に以下のような彼女の参加したディスコグラフィがありました。ケイト・ブッシュとの共演もあったとは。


Yanka Rupkina appears on:

- Various Artists -- "Music of Bulgaria: Balkana" (1987)

- Trio Bulgarka - "Forest Is Crying" (1988)

- Kate Bush - "Sensual world" (1989)

- Various Artists -- "Voices [MCA]" (1990)

- Various Artists -- "Voices [Hannibal]" (1991)

- Kate Bush - "The Red Shoes" (1993)

- Various Artists -- "Heimatklange, Vol. 1" (1994)

- Various Artists -- "Vocal Traditions of Bulgaria" (1995)

- Leftfield - "Leftism" (1995)

- Merl Saunders - "Fiesta Amazonica" (1998)

- Various Artists -- "Female Factory: Live at the Royal..." (2001)

- Various Artists -- "World Connection (2001)

- Lara Croft: Tomb Raider - "Music From The Motion Picture" (2001)

- Trans-Global Underground - "Impossible Broadcasting" (2004)

- Yanka Rupkina -- "Keranka" (2005)

The MAGIC Of Bulgarian Voices & Music - Yanka Rupkina - Oh, Mara (Gold collection)

|

« トリオと3本目 ロシアの地声合唱も | トップページ | Янка Рупкина讃 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Yanka Rupkinaの独唱:

« トリオと3本目 ロシアの地声合唱も | トップページ | Янка Рупкина讃 »