« ヴォルガ・ブルガールの芸術と建築 | トップページ | ポマクの器楽と民謡 »

2010年9月 5日 (日)

ポマクの歌と踊り

ブルガールの話からブルガリアを少々脱線していましたので、戻しまして、大分前にトルコ枠でもアップしましたブルガリア系少数民族ポマクについて少し見てみます。ポマクと言えば、トルコのKalan Muzikから音源が出ていたのもあって、トルコにいるブルガリア系住民だけを指すのかと思っていましたが、ウィキペディアの「ポマク」を見たところ、ブルガリア人ムスリム全般を指していたようです。国もブルガリア、マケドニア、ギリシア、トルコにまたがってきます。オスマン帝国支配の時代にキリスト教からイスラームに改宗したブルガリア人の子孫で、 その名はポマガーチ помагач(占領者への協力者)やポムチェーン помъчен(拷問された)に由来するとのこと。随分な名前をつけられたものだと思ってしまいますが、彼らの音楽にはそんなプレッシャーなど跳ね返すような強靭なパワーを感じます。

Pomaklar



ここで聞く限り、ガイダの伴奏と女性の歌は、とてもブルガリア的です。

Българи-мюсюлмани / Помаци / Pomaks

ribnovo pomak

POMACI-POMAKS

|

« ヴォルガ・ブルガールの芸術と建築 | トップページ | ポマクの器楽と民謡 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポマクの歌と踊り:

« ヴォルガ・ブルガールの芸術と建築 | トップページ | ポマクの器楽と民謡 »