« エスマ・レジェポヴァ | トップページ | マケドニアの舞踊 »

2010年9月26日 (日)

コチャニ・オルケスタル

マケドニアのロマ音楽で、エスマと来れば次はコチャニでしょうか。四国ほどの面積のバルカンの小国ですが、ロマ音楽家のビッグネームが結構出ているように思います。
コチャニ・オルケスタルは、ブラスの盛んなバルカンの全ジプシー・ブラスの中でも、ルーマニアのファンファーレ・チォカリーアと並ぶ知名度を誇っています。01年か02年だったと思いますが、タラフ・ドゥ・ハイドゥークスとのジョイントコンサートには私も行きました。白熱のステージは今でもよく覚えています。今日の一本目はその頃に出たCDのおまけ映像だったと思いますが。(かなり記憶があやふやになってます(^^;(笑)) 
あの頃は大変な人気でしたが、最近はどうなのでしょうか。関東から離れたので、状況がよく分からなくなってしまいました。タラフでは長老のニコラエ・ネアクシュが亡くなるし、オールド世代が少しずつ欠けていって、寂しい限りです。(00年、01年は2年連続でネアクシュ爺さんを見れて大満足。彼の芸はとにかく最高でした)

Taraf de Haidouks

Kocani Orkestar - Agonija

Kocani Orkestar

冒頭バリトン(ユーフォニウムに似た楽器)が吹き出すのは、ルーマニアの無拍の哀歌ドイナでしょうか。続いて、ブレゴヴィチのカラシニコフ(映画「アンダーグラウンドより)を経て、最後はルーマニアのひばり(チョカーリア)で締め。こういうソロ演奏も面白いです。

|

« エスマ・レジェポヴァ | トップページ | マケドニアの舞踊 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/36943401

この記事へのトラックバック一覧です: コチャニ・オルケスタル:

« エスマ・レジェポヴァ | トップページ | マケドニアの舞踊 »