« ガドゥルカ | トップページ | Breznitsaの音楽 »

2010年9月12日 (日)

Велико Търново

今日のタイトルはヴェリコ・タルノヴォと読みます。ブルガリア中北部になりましょうか、州都は同じくヴェリコ・タルノヴォという町で、ここは大相撲の琴欧洲の出身地。写真に見えるようにとても美しい古都です。
色々と不祥事続きでしたが、何とか秋場所が今日から始まりました。一大相撲ファンとしては嬉しい限りです。個人的には琴欧洲と白鵬を応援していますが、国技なのに日本人が上位に入ってないのが寂しいですね。しかし、この二人には日本人力士よりも関取としての風格や詫び寂びのようなものも感じます。
タルノヴォの2文字目のъ(ロシア語ならトヴョールディ・ズナークという文字に該当)ですが、ロシア語の場合は音節を区切る文字として使われ、母音が当てられることはありませんが、ブルガリア語の場合は「あいまいなア」のような音になるのでしょうか? ブルガリア(България)の2文字目でもあります。

Veliko Turnovo - Tsarevets, Велико Търново - Царевец

Veliko Turnovo is the old capital of Bulgaria. This is a short clip of the Tsarevets Castle remains that remind us about the existence of one of the oldest Empires in Europe!と解説にあります。ウィキペディアにも「ヴェリコ・タルノヴォはブルガリアでも最古の集落のひとつであり、5千年紀を超える歴史を有する。この地域に人間が居住していた最古の痕跡は紀元前3千年紀のものである。」とありました。トラキア時代かあるいはそれ以前ということになるのだろうと思います。スラヴ民族やブルガールが南下してくるより、はるか大昔です。音楽はこの町のものでしょうか?

Честване денят на Земята - Велико Търново - Хоро 1част

ヴェリコ・タルノヴォのガイダ・デュオ。

|

« ガドゥルカ | トップページ | Breznitsaの音楽 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/36702563

この記事へのトラックバック一覧です: Велико Търново:

« ガドゥルカ | トップページ | Breznitsaの音楽 »