« Our holiday in Montenegro, music Goran Bregovic | トップページ | コソヴォの音楽 »

2010年10月 7日 (木)

ЦРНА ГОРА正教会

てがかりがグスラ以外余り見つからないので、と昨日書きましたが、モンテネグロ(ツルナ・ゴーラ)正教会関係で調べたところ少し出てきましたので、それらを上げておきます。音楽的には民族音楽とは言えない感じですが。もちろんモンテネグロ教会も正教会の一つですが、06年の独立後はセルビア正教会とは別になったようです。一本目の音楽は、もしかしたらプログレか何かのロック関係ではと思います。私はそちらは全く疎いので、ご存知の方がいらっしゃいましたら、コメント頂けると嬉しいです。しかし、正教会とロックとは、何とも面白い組み合わせですが、どこか愛国的な調子に聞こえます。ビデオの解説は、モンテネグロ語だと思います。いかにもロシア語にそっくりですが、独自の文字(јやћ)が出てきます。

БОГ & ЦРНА ГОРА



これがまず目に留まった一本。「ボーグとツルナ・ゴーラ」(神とモンテネグロ)とタイトルにありますが、ボーグとは神のこと。ロシア語での「ありがとう」の意味のスパシーバの最後のバには、実はボーグの意味が隠されているというのも(終わりのゲーの音が消えていますが)割りと有名な話でしょう。先日ちょっと触れましたが、ボゴミル派のミールは「世界」の意味のようですが、ボゴはもしかしたら神の意味ではと思いました。また後日ボスニアの時に解明したいと思います。
Бог па Црна Гора представља смисао наших Светих Предака и оно за шта су они вјековима гинули ове двије светиње су срж духовног бића сваког правог Црногорца без Оца свог Христа Црногорац није Црногорац већ сироче без јуче, данас и сјутра. Отац и Вјера у Оца па онда и у Мајку Црну Гору је оно што је красило сваког Црногорца од Архонта Петра па до Светог Петра а ако нестане Вјера нестаће и народ Црногорски.

Gorski vijenac - srpski biser



こちらはモンテネグロ正教の雰囲気が分かる映画「Gorski vijenac」のワンシーン。Инсерти из филма "Горски вијенац", аутора Петра Божовића који свједоче о СРПСТВУ у Црној Гори.

Gorski vijenac - film (10)



Најсрпскије дјело из пера црногорског владике Рада, преточено у филмско остварење аутора Петра Божовића - "Горски вијенац".

Полетела два сокола



これはキャロルのような歌でしょうか。

|

« Our holiday in Montenegro, music Goran Bregovic | トップページ | コソヴォの音楽 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ЦРНА ГОРА正教会:

« Our holiday in Montenegro, music Goran Bregovic | トップページ | コソヴォの音楽 »