« モスタル・セヴダ・リユニオン | トップページ | セヴダの女性歌手 »

2010年11月12日 (金)

Kraj tanana sadrvana

セヴダと言うのは、ボスニアに古くから伝わる叙情歌の一種で、スラヴとオスマンの音楽がブレンドした、憂いに満ちたメロディの味わいは格別です。同時に、アドリア海沿岸の音楽のような地中海的な明るさもかすかに感じられるところも魅力です。昔PLAYA盤で聞いたOh Ljubav, Ljubavという歌が結構気に入っていましたが、あれはセヴダだったのかもと思いましたが、youtubeは見当たりません。ボスニアでは有名な歌らしいのですが。
ということで、今日は少し似た雰囲気の歌をアップしてみました。ほとんどフリーリズムの、ゆったりしたラメント(哀歌)と言えるでしょうか。youtubeが何本もありました。一本目に以下の英文解説がありましたが、本当にハイネの詩なんでしょうか。驚きの事実です。

Here's yet another Bosnian song. Well, I found out, it's not 100% Bosnian. Just like "Kad ja podjoh an Bentbasu" came to Bosnia through Sephardic Jews, this one was originally written by two Germans! Amazing! I don't know what the song itself sounds originally, but I'm posting the German text, written by H. Heine.



Also, for the Bosnians who may have heard a different text, (only some words),I chose to sing this one, with "ropce" instead of "momce" because that's what's in the German text as well. ("Sklave")

Kraj tanana sadrvana, Bosnian Sevdah, (ww & vb)

Hanka Paldum - Kraj tanana sadrvana

Kad ja podjoh na Bentbasu, Bosnian traditional, Sevdah



この曲が一本目の解説にあるセファルディー(スペイン系ユダヤ人)の歌に由来すると言うセヴダ。しかし、驚きの連続です。(そう言えば、ハイネはユダヤ系詩人でした。)
It's an old traditional, one of the most famous in Bosnia, but few people know that it's actually a sefardic melody. When the jews were persecuted, chased away by the Inquisition from Spain and Portugal, many of them flew to the Ottoman Empire and specifically, in this case, to the Balkans. They brought us their cultural heritage and here's one exemple of the beautiful mixture with the local culture.

|

« モスタル・セヴダ・リユニオン | トップページ | セヴダの女性歌手 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kraj tanana sadrvana:

« モスタル・セヴダ・リユニオン | トップページ | セヴダの女性歌手 »