« Kraj tanana sadrvana | トップページ | 「愛の嵐」の挿入歌 Wenn ich mir was wünschen dürfte »

2010年11月14日 (日)

セヴダの女性歌手

一昨日も見たように、色々な文化が重層的に聞き取れるセヴダについては、youtubeが豊富で選びきれない程です。そんな中で、女性歌手のもので特に素晴らしいと思ったものを上げておきます。

Emina Zecaj: Pita Fata Halil mejhandziju



特にこのサズ~タンブール系弦楽器伴奏の歌唱は素晴らしいです。

Emina Zecaj: Kraj tanana sadrvana



同じEmina Zecajの歌唱ですが、一本目の方は、かなりお若い頃のようです。曲は、例のハイネの詩に曲付けされたと思しき歌。

Hanka Paldum- "Stade se cvijece rosom kititi" Nad lipom 35



一昨日Kraj tanana sadrvanaを歌った映像を上げたハンカ・パルドゥムですが、この人は現代セヴダの「四天王」的存在の一人と言われているそうです。(参考図書:バルカン音楽ガイド) 名前で検索すると1400以上もの映像が出てきますが、彼女のレパートリーは、ジャンル的に一般的なボスニア民謡とセヴダに分かれるようです。この曲はセヴダです。

Hanka Paldum - Psenicice sitno sjeme LIVE Meraklije



こちらはロマ楽団伴奏の歌唱、でしょうか。

|

« Kraj tanana sadrvana | トップページ | 「愛の嵐」の挿入歌 Wenn ich mir was wünschen dürfte »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セヴダの女性歌手:

« Kraj tanana sadrvana | トップページ | 「愛の嵐」の挿入歌 Wenn ich mir was wünschen dürfte »