« セヴダと「愛の嵐」 | トップページ | サラエヴォのコーラン朗誦 »

2010年11月17日 (水)

サラエヴォのアザーン

少々わき道にそれましたので、戻します。旧ユーゴではクロアチアとスロヴェニアも残っていますし、その後はルーマニア、ハンガリー巡りが控えていますが、年内にそこまで終えられるか微妙になってきました(笑)
さて、ボスニアの音楽で忘れてはいけないのは、イスラームの音楽です。オスマン帝国領だった時代以降、現在でもボスニアとコソヴォはムスリムの多い土地。長らくキリスト教徒とイスラム教徒が共生してきましたが、一度バランスが崩れると、宗教の違いが内戦の火種になりました。
ボスニアにはスーフィーの儀礼歌などもあると思いますが、まずはアザーンから。youtubeにはムアッジンが唱えるアザーン(礼拝への召喚)中心に結構見つかりました。イスラーム圏のアザーンの節回しはいずれも似ていて(アラブの旋法で言えばヒジャーズでしょうか)、言葉もアラビア語ですし、ボスニアらしさをこの中に探すのは難しいことかも知れません。
噂には聞いていましたが、モスクとサラエヴォの町並みは本当に美しいです。アザーンとセヴダが同時に聞こえる町というのも信じられない事実です。音源はSmithsonian FolkwaysとVDE-Galloからありました。

Azan Sarajevo (Bosnia) - Best Muezzin in Balkan ever



73 years old Muezzin from Sarajevo 1997. A incredible voice given by Allah. Muezzin Haghi Abdul Gani Hosi.

Tuzla (Bosnia) Athan / Azan / Ezan during the Ramadan 2009

Ezan in Sarajevo (Bosnia and Hercegovina)

|

« セヴダと「愛の嵐」 | トップページ | サラエヴォのコーラン朗誦 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラエヴォのアザーン:

« セヴダと「愛の嵐」 | トップページ | サラエヴォのコーラン朗誦 »