« Braca Teofilovic | トップページ | スロヴェニアの民族音楽 »

2010年12月10日 (金)

Klapa CambiとKlapa Jelsa

次回からはスロヴェニアに移動することにしますので、クロアチア・シリーズの最後にクラパ歌謡の代表グループ2つの聴き比べをしておきます。結局クロアチアでもダルマチアの音楽が中心になりました。どうもyoutubeは圧倒的にダルマチア関係が多いみたいです。
例のARC盤に入っていた2つの男声合唱のグループ、クラパ・ツァンビとクラパ・イェルサですが、幾つか聞いてみて思うのは、ツァンビがヒロイックなまでの独唱を中心に歌い上げるのに対し、イェルサはスラヴの教会歌(と言っても正教会ではなくカトリックである点が少しイメージし難いですが)にも繋がるような厚みのある合唱芸術を極めようとしているように聞こえます。私はツァンビの男気系の歌がかなり好きで、男から見てもシビレます(笑) しかし、クラパ・イェルサの序曲1812年の冒頭を思わせるようなスラヴ的な合唱も非常に素晴らしいと思います。皆様はいかがでしょうか。因みに、youtubeの数もコメントの数もクラパ・ツァンビの方が圧倒的に多いです。

Klapa Cambi - Dobro jutro tugo

Lipa moja - klapa Cambi - Proglašenje pobjednika FDK 2000



クラパ・ツァンビのリパ・モヤは3度目の登場(笑) しかし何度聞いても良い曲です。

Klapa Jelsa - Divici Mariji

Klapa Jelsa - Veseli se Majko Božja

Klapa Jelsa - tiha noć - Silent night



クリスマスの曲も歌っていました。ダルマチア・アレンジ?

|

« Braca Teofilovic | トップページ | スロヴェニアの民族音楽 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Klapa CambiとKlapa Jelsa:

« Braca Teofilovic | トップページ | スロヴェニアの民族音楽 »