« ハンガリーのコリンダ | トップページ | Fono Zenekar »

2010年12月26日 (日)

Makám és Kolinda

クリスマスは終わりましたが、例のコリンダというバンドについても少し見ておきます。こちらのコリンダは、マカーム・エーシュ・コリンダとも呼ばれます。ハンガリー等のトラッドな楽器を使っていますが、プログレッシブロックを思わせる音楽性で、民族音楽の要素はフラグメント的に使われている位の曲も多いように思います。ハンガリーだけでなくバルカン~東地中海音楽を指向しているような曲もよく耳にします。
コリンダは、80年代に一部トラッドファンの間で話題になっていて、民族音楽雑誌パオ(Pao)で記事を見かけたような記憶が薄っすらとあります。グループ名にアラブの旋法をストレートに連想させる「マカーム」という言葉が入っている所が興味深いと思っていましたが、関係はあるのでしょうか。ハンガリー語での同音異義語でしょうか。

Kolinda - Tételek: Ha folyóvíz volnék - Altató - Én vacogok már

Kolinda - Bolgár kitérő

Makám és Kolinda - Úton 2

|

« ハンガリーのコリンダ | トップページ | Fono Zenekar »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

KOLINDAとMAKAMはそれぞれ別バンドですが、一時合体していた時期が有り、それがMAKAM es KOLINDAです。豆知識でした。

投稿: みしえる | 2010年12月28日 (火) 22時36分

>みしえる様
ご指摘有難うございます。そうなんですね!
モダンなトラッドや、プログレ方面には疎いもので…。

投稿: Homayun | 2010年12月29日 (水) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Makám és Kolinda:

« ハンガリーのコリンダ | トップページ | Fono Zenekar »