« 女性のクラパ歌謡 | トップページ | 混声のクラパ »

2010年12月 7日 (火)

再び男性のクラパ

昨日の女性のクラパ歌謡、削除されたのでしょうか。今日は見当たりません(^^;
男性の方をもう少し見ておきたいと思いますが、今日の一本目(クラパ・イズ・ビリツァ)、歌唱も男臭くダンディで良いのですが、伴奏楽器の中に4弦のギター?があって、目を引きます。タンブリツァと同じ弦の構成(4コースの5弦)で、高い弦だけ複弦になっています。また、2本目(クラパ・カムパネル)などを聞くと、クラパ歌謡がポップスに入ってきた場合、少なくとも歌唱力では最強になるのではと思いました。2本とも低音の魅力をすごく感じます。

Klapa iz Bilica - Sve je ona meni

Klapa Kampanel - Aj ća, volin te

Ne more mi bit - klapa Cambi (K. Kambelovac) - TV SPOT



クラパ・ツァンビも、この曲のようにポップスを結構歌っています。

|

« 女性のクラパ歌謡 | トップページ | 混声のクラパ »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び男性のクラパ:

« 女性のクラパ歌謡 | トップページ | 混声のクラパ »