« ブラームスのピアノ四重奏曲1番終楽章のツィゴイネル風味 | トップページ | カロタセグとサトゥマールのチャールダーシュ »

2011年1月11日 (火)

モンティとハンガリー舞曲第1番のチャールダーシュ

チャールダーシュで調べると、上位に出てきているのはほとんどモンティのチャールダーシュのようで、さすがに少々うんざりしてきます(笑) この曲も30年ほど前まではほとんど知られてなかったと思いますが、ここ10年余りはチャールダーシュの代名詞のようになっているようです。もっと良いチャールダーシュは一杯あるのですが。。
そんなモンティのチャールダーシュの飛び切りの熱演と、古いチャールダーシュの面影を残すブラームスのハンガリー舞曲第1番のめぼしい映像を今日は上げておきます。

József Lendvay - Monti: Csárdás

Brahms Hungarian Dance No.1.



Békés County Symphonic Orchestraの演奏。もっと上手い演奏は色々ありますが、地元のオケらしい「ハンガリーの心」を感じさせる演奏です。

Brahms-Hungarian dance 1 Lilit Rushanyan



名前から推察するにアルメニア系ヴァイオリニストでしょうか。

HUNGARIAN DANCE No. 1, Brahms, SOLO VIOLIN SOUND SAMPLE, Eboyinc student violinist



前に一度上げたヴァイオリン聞き比べ映像も一本。ドイツ製ヴァイオリンによる演奏。テクニックがよく分かります。.A very nice, old German violin circa 1870. Sound sample is an excerpt of Brahms Hungarian Dance No. 1 being played by a violin student.

|

« ブラームスのピアノ四重奏曲1番終楽章のツィゴイネル風味 | トップページ | カロタセグとサトゥマールのチャールダーシュ »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンティとハンガリー舞曲第1番のチャールダーシュ:

« ブラームスのピアノ四重奏曲1番終楽章のツィゴイネル風味 | トップページ | カロタセグとサトゥマールのチャールダーシュ »