« コダーイの無伴奏チェロ | トップページ | アンド・ドゥロム »

2011年1月19日 (水)

ケリマスキ・ディリとメセラキ・ディリ

もう少しコダーイについてと、そろそろバルトークのハンガリー民謡がらみの曲もと思っていますが、まだちょっと調べないといけませんので、先に他のトピックを入れておきます。とにかくハンガリー関係はネタは豊富ですね。
これまで都会のジプシー楽団のチャールダーシュなどを見ましたが、その構成はラッサン(あるいはラッスー)とフリスカ(あるいはフリッス)と呼ばれる緩やかな部分と急速な部分に分かれることは、割と広く知られていると思います。
その緩急の構成は、農村ジプシーの音楽にもありまして、緩やかな部分(叙情歌)はメセラキ・ディリ、速い部分(踊り歌)はケリマスキ・ディリと呼ばれます。都会ジプシーのラッサンとフリスカは、農村ジプシーの2つのパターンの反映と考えられます。数年前に来日したグループにAndo Dromがいましたが、牛乳缶を叩きながら「ッダバ、ッディビ」と口拍子を取るのは正にケリマスキ・ディリの典型例になると思います。こういう農村ジプシーの音楽は、チャールダーシュやヴェルブンコシュのようなマジャールの要素と融合した都会音楽と違って、純ハンガリー・ジプシー音楽と言っていいものです。音源として、古くは小泉文夫の素晴らしい録音がありましたが、Ando Dromなどのようにショウアップされる前の生のジプシーの声が聞ける現地録音で、現在のキングのワールドルーツミュージックライブラリーに入っています。「農村ロマの音楽

Khelimaski dyili from Gyöngys village (Hungary)

Khelimaski dhyili from Piricse village.

Meselaki dyili from Kétegyháza village.

|

« コダーイの無伴奏チェロ | トップページ | アンド・ドゥロム »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケリマスキ・ディリとメセラキ・ディリ:

« コダーイの無伴奏チェロ | トップページ | アンド・ドゥロム »