« エルデーイとハンガリー本国のフィドル・テクの比較 | トップページ | バラトン湖の波 (フバイ~シゲティ) »

2011年2月 4日 (金)

H mol Csardas

昨日は「エルデーイとハンガリー本国のフィドル・テクの比較」と題しながら、本国の方が少なかったので、チャールダーシュの代表曲の映像で追ってみたいと思います。今日のタイトルは「ロ短調のチャールダーシュ」という意味ですが、これは例の「エチェル村の結婚式」収録のチャールダーシュで、作曲者不詳ですがジプシー達の間で弾き継がれてきた有名な旋律です。この盤の中ではハ短調で演奏されています。youtubeも探せばかなりあります。ヴァイオリンの名人芸の切れ味もさることながら、低弦のビートと迫力も聞きもの。
こういうジプシー楽団の名人芸的演奏は、本当のハンガリー音楽(5音音階の民謡に代表される)でも、また本当のジプシー音楽(ケレマスキ・ジリやメセラキ・ジリ)でもないとバルトークやコダーイが主張するまでは、フランツ・リスト(ハンガリー狂詩曲を書いた名ピアニスト&作曲家)の誤った見解が通用していた訳ですが、それでも一種の混成音楽としてのチャールダーシュ自体の魅力は、これはこれでいささかも変わることはないと思います。哀愁美が迸る深い表情は、この音楽特有のものでしょう。
18世紀頃からヨーロッパ中を演奏旅行していたジプシー楽団の妙技を聞いて衝撃を受けたスペインのサラサーテがツィゴイネルワイゼン(これはもろチャールダーシュ)を書き、ドイツのブラームスがハンガリー舞曲集を書き、そしてイタリアのモンティが「チャールダーシュ」を書いた、それらは確かな事実です。
この曲は、ツェー・モル(ハ短調)で弾かれることが多い曲ですが、ハー・モル(ロ短調)や、アー・モル(イ短調)で弾かれることもあるようです。

c-moll csárdás



これは唯一「エチェル村の結婚式」の演奏に近いアレンジ。

Gipsy music c moll csárdások

H mol csardas (Budapest Gypsy Symphony Orchestra)



これだけ大編成の演奏も珍しいでしょう。

Roby Lakatos Galaspektakel Gypsy Csardas



ロビー・ラカトシュがいないのが残念ですが、ツィンバロム中心でこのチャールダーシュを演奏しています。

|

« エルデーイとハンガリー本国のフィドル・テクの比較 | トップページ | バラトン湖の波 (フバイ~シゲティ) »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

ツィンバロム、と言うのですか?チェンバロに似た言葉ですね。

見惚れてしまいました。

投稿: 百本八本 | 2011年2月 6日 (日) 11時17分

百本八本様
いつも有難うございます。4本目に出てくるソロ楽器がツィンバロムです。イランのサントゥールがルーツですが、ヨーロッパに伝わってツィンバロムやダルシマーなどの打弦楽器になり、それに鍵盤がついてチェンバロになりました。
そして、そこにハンマーが取り付けられてピアノになった、ということになります。
イランのサントゥールは今でも盛んに弾かれています。大分前に当ブログでも取り上げてあります。

投稿: Homayun | 2011年2月 7日 (月) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H mol Csardas:

« エルデーイとハンガリー本国のフィドル・テクの比較 | トップページ | バラトン湖の波 (フバイ~シゲティ) »