« Potta Gézaの至芸 | トップページ | カロタセグのフィドル・マエストロ »

2011年2月 9日 (水)

カイ・ヤグ

今日は80年代末頃からハンガリーのジプシー音楽グループとして広く知られていたカイ・ヤグの映像を見てみます。当時はアルファエンタープライズからフンガロトンの盤が国内発売されていたと思います。あの頃は他に比較する同種の音源もなかったと思いますが、一貫してケレマスキ・ジリなどの農村ジプシー音楽のスタイルで歌っているグループです。缶の口を叩く音、口ベース(ダバッ、ディビッ....)が何と言っても特徴的。90年代から人気のアンド・ドゥロムとほぼ同じスタイルで、彼らの先駆と言えるでしょう。ただ、カイ・ヤグの方が、よりフォーク的な歌作りを強く感じさせます。
ところで、「東京の夏音楽祭」で来日した頃の「O Suno」(1995年)以来、カイ・ヤグの名前を聞かないような気がしますが。フンガロトン盤も入手難で、廃盤になったかも知れません。
彼らが北東部のサトゥマールのグループだというのは今回初めて確認しました。北東部出身という所が妙にひっかかります。それから、同じハンガリー・ジプシー音楽でも昨日のポッタ・ゲザとはまるっきり異なるタイプの音楽であることは、今日の映像でよく分かっていただけるかと思います。

Kalyi Jag Gypsy Song Romany Gypsy Culture

2 kalyi jag rolled song from szathmar

Kalyi Jag - Mori Shej, Sabina

Ando Drom - Na Kamel Ma



前に一度アップしましたが、アンド・ドゥロムも一本上げておきます。

|

« Potta Gézaの至芸 | トップページ | カロタセグのフィドル・マエストロ »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カイ・ヤグ:

« Potta Gézaの至芸 | トップページ | カロタセグのフィドル・マエストロ »