« シェベーとハルモシュ | トップページ | ムジカーシュとルーマニア民俗舞曲 »

2011年2月20日 (日)

更にSebő együttes

そろそろムジカーシュとかの方に行こうと思っていましたが、Sebő együttesが予想以上に素晴らしく、更に面白い映像が見つかりましたので、3日連続ですがアップしておきます。ハンガリーのタンツハーズ運動の御大二人と言って良いのだろうと思いますが、ハンガリーだけにこだわらず、広い音楽的視野を持っているのがよく分かります。しかも単なるミクスチャーに終わらず、一本筋が通っています。シェベーの多芸振り、ハルモシュのエルデーイの現地フィドル名人張りの演奏、どちらにも目を見張ります。マルタ・セバスチャンが右に座っているのを忘れるほどの存在感(笑) 彼らの年代故でしょうか。70年代を濃厚に感じさせる部分が今でも残っているように思います。

Sebő együttes - Szerelem, szerelem & Hol jártál az éjjel



冒頭のアカペラ二重唱から聞かせます。

Sebő együttes - Ugrótáncot jókedvemből



シェベーはここではハーディーガーディー(手回しヴァイオリン)を披露。タパンのような打楽器が入っていますが、これも一時オスマン帝国に入っていたハンガリーですから、おかしくはない訳です。

Sebő együttes - Tiszta szívvel



ルーマニアのパンパイプ(ナイ)も入った一曲ですが、これはどこの音楽になるのでしょう?

Sebő Ferenc / József Attila - Hetedik



75年のシェベーとヨーセフ・アッティラ。この頃から強烈です(笑)

|

« シェベーとハルモシュ | トップページ | ムジカーシュとルーマニア民俗舞曲 »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

3曲目、何本(種類)の笛がつかわれているんでしょう!!
 フルートに、ナイに、たて笛、斜め笛、あと、もう1本見えました。

 ものすごく笛好きなのでもないのでしょうけれども、笛だけでないでしょうけれども、楽器が豊富ですね。

投稿: 百本八本 | 2011年2月21日 (月) 21時43分

百本八本様
パンパイプ、フルヤ?、クラリネット、フルートでしょうか。弦楽器も種類豊富で、旧オスマン帝国~オーストリア・ハンガリー帝国内の音楽文化が入り混じっているように思います。

投稿: Homayun | 2011年2月24日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更にSebő együttes:

« シェベーとハルモシュ | トップページ | ムジカーシュとルーマニア民俗舞曲 »