« 最高の江差追分 | トップページ | 成田雲竹 / 高橋竹山 »

2011年4月 1日 (金)

南部牛追唄 再び

もう一つの東北民謡の名歌、津軽山唄へ行く前に、岩手の故郷の歌「南部牛追唄」をもう一度見ておきたいと思います。17日に書いたように三陸の物資を運ぶ牛と牛方の旅路を慰める唄だったそうですから、釜石や遠野などはこの唄の中心地ということになるのでしょうか。何度聞いても心に染み入る唄です。
今晩ニュースで聞きましたが、「東日本大震災」と正式名称が決まったそうです。この未曾有の大災害の映像を見ていると、ここまで日本が苦境に立たされているのが不条理にさえ思えます。しかし、非常用ディーゼル発電機の燃料が津波に流されやすいところにあったために、これ程までの大きな被害が出たのも事実のようです。女川原発や福島第二ではより震源に近かったにも関わらず、非常電源の設備が完全だったため、福島第一のようなトラブルは起きませんでした。等々と、このようなことを書くブログではありませんので、本題に戻します。
先日TVで千昌夫さん(陸前高田出身)が、お母様がご無事だったことを涙ながらに語っていました。新沼謙治さん(大船渡出身)のお母様も無事だったそうです。本当に良かったと思いました。しかし、これらの町では沢山の尊い人命が失われてしまいました。行ったことのある所だけに、胸が張り裂けそうな思いです。再度深く哀悼の意を込めて、岩手の心の唄をアップしておきます。民謡名曲ですから、色々な演歌歌手が歌っています。

南部牛追い唄 千昌夫 ( 歌詞漢字譯 )

瞼のふるさと(南部牛追唄)/三橋美智也

南部牛追唄 森昌子 Mori Masako

日本百景 猊鼻渓  船頭さんの南部牛追い歌



舟には乗らなかったけど、猊鼻渓のある一関には行きました。

南部牛追唄



畠山孝一氏の名唱を最後にもう一度。 「東北地方に、復興への祈りを込めて…。」というコメントが早速寄せられています。

|

« 最高の江差追分 | トップページ | 成田雲竹 / 高橋竹山 »

民謡」カテゴリの記事

コメント

 ◇惜しいかな・・瞼のふるさと(南部牛追唄)
 
 見て覚えて歌いたいのに~ね・・・(((^◇^))) 

投稿: チョースケ | 2014年8月31日 (日) 08時38分

チョースケ様
コメント有難うございます。3年位経つとこういう風になることがよくあります。申し訳ないですm(_ _)m

投稿: Homayun | 2014年9月 2日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部牛追唄 再び:

« 最高の江差追分 | トップページ | 成田雲竹 / 高橋竹山 »