« Марий Элとマジャールの舞踊 | トップページ | イムレ・カールマンのコダーイ無伴奏 »

2011年7月21日 (木)

Олык сем

ハンガリーのマジャール民謡のルーツの地としてのマリ(チェレミス)についてもっと見てみたいと思っていますが、考えてればマリはウラル語族の中のウゴル系(ハンガリー語が所属)ではなくフィン系ですから、フィンランドとの共通性もあるのだろうとは思いますが、音楽方面で言及されることは少ないような気がします。
марийский фольклорный ансамбль(マリースキー・フォルクロールヌィー・アンサンブル)Олык сем(オルィク・スイェム)という団体の映像がいくつかありまして、舞踊、女声の合唱と独唱などを見ることが出来ました。マリらしい素朴な躍動感に溢れています。Олык семというのは意味が不明なので、マリ語と思われます。

Олык сем



марийский фольклорный ансамбль "Олык сем" マリ民族アンサンブル“オルィク・スイェム”の演奏。これはハチロク・リズムでしょうか。コーカサスを思わせるリズムですが、割と近くでもあります。ハンガリーにはほとんど聞けないリズムです。

Олык сем 09 05 2005



同じ団体でしょう。女声合唱もアジア的な音階とメロディラインです。

Олык сем в начале 90-х



コダーイのオペラに似た雰囲気の曲(紡ぎ部屋)があったことを思い出しました。衣装も少し似ています。

Олык сем 2009

Олык сем избранное

os-2005.mpg

|

« Марий Элとマジャールの舞踊 | トップページ | イムレ・カールマンのコダーイ無伴奏 »

ウラル・アルタイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Олык сем:

« Марий Элとマジャールの舞踊 | トップページ | イムレ・カールマンのコダーイ無伴奏 »