« カレワラ シベリウス | トップページ | ヨイク »

2011年7月 5日 (火)

カレワラとヨイク

カレワラの影響を感じさせるフィンランドの独唱を見てみます。Karoliina Kantelinen(カロッリーナ・カンテリネン)の歌唱は素晴らしいサンプルです。英文の解説にあるように、歌手にして民族音楽学者の彼女は、ロシアのカレリア地方の古いヨイクについて博士論文を書いたという人。サーミ人のものと思っていたヨイクというシャーマニックな伝統歌唱は、一般のフィンランドの人にとっても理解可能なのでしょうか。一本目で歌われているのはカレワラのスタイルでの歌唱のようですが、ヨイクとどこかで繋がって来るのか、その辺が気になります。二、三本目で披露しているのは、ヨイクです。

Karoliina Kantelinen "Ellös huolta huomisesta"



Karoliina Kantelinen is a singer and an ethnomusicologist from Helsinki who specializes in different ethnic singing styles. Her doctoral dissertation is on the old yoik tradition from Russian Karelia, formerly a Finnish territory. She currently teaches folk music at the department of musicology in the University of Helsinki. Known for challenging the old established ideas and concepts of interpreting Viena Karelian yoiks, she uses the traditional Kalevala style as her inspiration for new contemporary folk-based compositions.

Karoliina Kantelinen presented traditional singing

Karoliina Kantelinen "Soittelen soutusalmen suorimaista"

|

« カレワラ シベリウス | トップページ | ヨイク »

北欧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレワラとヨイク:

« カレワラ シベリウス | トップページ | ヨイク »