« 再びマリ(チェレミス)へ | トップページ | マリのポップス »

2011年7月14日 (木)

Tatar girl sings Mari songs

ウラル系の中でもヴォルガ・フィン語に属するマリ語は、タタールなどのテュルク系とは全く異なる言語グループですが、何とタタールの女性がマリの歌を歌っているというビデオがありました。ヴォルガ中流域の小国の中でも、ごく近くに両国はありますが、なかなか系統の異なる言葉を理解するのは難しいのではと思いますが、バイリンガルどころかトリリンガル?やそれ以上も珍しくない国では、普通にありえる話かも知れません。言葉はマリ語なのでしょうが、メロディはどこかタタール的に聞こえます。5音音階の目立つマリよりも、タタールやチュヴァシ辺りのメロディーは、更に日本人に親しみやすいものが多いです。マリではあくまでヨーロッパのフォークミュージックの枠に収まっているように思える曲が多いのに対し(そこに不思議な魅力がありますが)、タタールやチュヴァシでは、日本の民謡に近いような節がはっきりと出てきます。
蛇足ながら、アフリカのマリはMali、ロシア連邦のマリはMariです。

Tatar girl sings Mari songs - Татар ӱдыр марла мура

Mari language dictionary / Марий мутер



マリ語の映像は結構あります。同属のフィンランド語と近いのかどうか、どちらも分からないので何とも言えませんが(笑)

|

« 再びマリ(チェレミス)へ | トップページ | マリのポップス »

ウラル・アルタイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tatar girl sings Mari songs:

« 再びマリ(チェレミス)へ | トップページ | マリのポップス »