« ルーマニアの古楽 Trei parale | トップページ | Barbu lautarul »

2011年10月30日 (日)

オスマン時代の名残りのルーマニア古楽 国歌

ドラキュラのモデルとして知られるヴラド・ツェペシュ公の、酸鼻を極めた抵抗は有名ですが、結局15~16世紀にワラキアとモルドヴァ、そしてトランシルヴァニア(以前はハンガリー領)もオスマン帝国の属国になりました。その後、ハプスブルク家のハンガリー領に戻ったトランシルヴァニアを残して、ワラキアとモルドヴァは1877年に独立。今日の映像の音楽は、その頃のものでしょうか。どこかオスマン的な香りがあります(特に1,2本目)。更にはオスマン以前のビザンツ的な感じも透けて聞こえるので、そうなるとギリシアの古楽とも似てきます(3本目)。

ルーマニアの音楽と言うと、ワラキアやモルドヴァのジプシー音楽やラウタルの音楽、トランシルヴァニアのハンガリー系音楽ばかりが有名になっている感がありますが、今日の映像のようなオスマン朝の影響の聞こえる音楽や、それ以前からのルーマニア正教会のドローン豊富な音楽などもあって、この国の音楽はかなり多面的だと改めて思いました。特にオスマン風というのは、他と比べて異質です。

最後5本目にルーマニア国歌を。TVRでよく耳にするこの荘厳で憂いに満ちた旋律は、とてもルーマニアらしい曲調です。

Old romanian music: Inima mi'e plina

Old romanian music: Bordeaias, bordei, bordei...!

Old romanian music - Lelita Saftita !

Romanian Hussars (after the 1859 Union of Principalities)

Imnul Romaniei (Romanian Anthem)

|

« ルーマニアの古楽 Trei parale | トップページ | Barbu lautarul »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスマン時代の名残りのルーマニア古楽 国歌:

« ルーマニアの古楽 Trei parale | トップページ | Barbu lautarul »