« スイスのロマンシュ語 | トップページ | Siebenbürger Sachsen »

2011年10月16日 (日)

トランシルヴァニアのザクセン人

スイスのロマンシュからイタリアに移動するのも一つですが、何故かロマンシュ関係の動画にルーマニアのものがありまして(3本目)、それで思い出しました。前に予定していました、ルーマニアのドイツ系少数民族、ザクセン人の方に目を向けることにしましょう。

ドイツ人によるトランシルヴァニア植民は12世紀に始まり、ハンガリー王国の南東部国境地帯の防衛が主目的でした。植民者は神聖ローマ帝国西部出身者がほとんどで、全般的にフランケン方言(アーヘン、ケルン、トリアー周辺で話された)を話していたけれども、彼らは集団名をザクセン人として呼ばれていた、とのこと。トランシルヴァニア・ザクセン人は、第二次世界大戦後に減少、更に1989年の東欧革命後に激減し、多くはドイツへ移住していったようです。しかし現在もハンガリーやルーマニアにとどまったザクセン人は少数民族として知られています。

考えてみれば、ドラキュラに登場した町、ビストリツァなどもドイツ名の地名でした。フォークミュージックにおいては、おそらく現代のドイツでは忘れられた、中世ドイツ以来の音楽を受け継いでいる部分もあるのではと思います。素朴で端整なドイツ風音楽は、本国ドイツでは余り聞かれなくなっているかも知れません。クラシックの作曲家も出ていて、確かルーマニアのエレクトからCDがありました。それらの作品にはトランシルヴァニアの伝統音楽の影響が少しあったように思いますが、民謡においては驚くほどトランシルヴァニアの音楽の影響を受けてないように聞こえます。Siebenbürger Sachsenとは、トランシルヴァニア・ザクセンのことです。

Siebenbürgen / Siebenbürgisch-sächsische Volkslieder in der Heimatstube Schnaitheim /

Anthem of Siebenbürger Sachsen (Romania)

Romansh Switzerland: culm piz - vegl chanzun pastur - bel

|

« スイスのロマンシュ語 | トップページ | Siebenbürger Sachsen »

ルーマニア」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランシルヴァニアのザクセン人:

« スイスのロマンシュ語 | トップページ | Siebenbürger Sachsen »